Home > ストラテジ系 > H26秋期-問29

H26秋期-問29

導入を検討している機械の経済性評価を行う。取得費用が1,000万円で、耐用年数は10年間である。導入によって、毎年、110万円の利益を得られる。また、保守費用として毎年取得費用の1%が発生する。この機械への投下資本利益率、すなわち機械への投資に対する利益の割合は何%か。
なお、投下資本利益率は、次の式で算出するものとする。

投下資本利益率(%)=利益÷投下資本×100

ア:90.0

イ:100.0

ウ:110.0

エ:120.0

答:イ

耐用年数が10年間であるから、導入によって10年間で得られる利益は、
110万円×10年間=1,100万円

保守費用として1%が発生するので、取得費に毎年1%を加えた投下資本は、
1,000万円+1,000万円×1%×10年間=1,100万円

したがって投下資本利益率は、
1,100万円÷1,100万円×100=100%

よって正解はイとなる。

スポンサーリンク

Home > ストラテジ系 > H26秋期-問29

Page Top

© 2011-2020 過去問.com