Home > ストラテジ系 > H26秋期-問13

H26秋期-問13

製造業において利用されているCADの説明として、適切なものはどれか。

ア:製品の生産計画に合わせて必要な資材の所要量を求め、資材の手配を行う。

イ:製品の製造に必要な部品や中間製品、所要量などの情報を管理する。

ウ:製品の設計図や部品表など、設計から製造に関する情報を一元管理する。

エ:製品の設計にコンピュータを利用し、設計作業の生産性や信頼性の向上を図る。

答:エ

ア:誤り。製品の生産計画に合わせて必要な資材の所要量を求め、資材の手配を行うのは、MRPである。

イ:誤り。製品の製造に必要な部品や中間製品、所要量などの情報を管理するのは、生産管理システムである。

ウ:誤り。製品の設計図や部品表など、設計から製造に関する情報を一元管理するのは、PDMである。

エ:正しい。CADでは、製品の設計にコンピュータを利用し、設計作業の生産性や信頼性の向上を図る。

スポンサーリンク

Home > ストラテジ系 > H26秋期-問13

Page Top

© 2011-2020 過去問.com