Home > 第24回試験問題と解答・解説 > コミュニケーション技術

スポンサーリンク

コミュニケーション技術

第24回-問題33

コミュニケーションに関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1:「なぜ」「どうして」の聞き方は問い詰められているように相手が感じることがある。

2:まず相手との関係づくりが大切である。

3:自分の非言語的な行動が持つメッセージを意識しておく。

4:よく知っている人であるという思い込みが、相手の心情を見えにくくする。

5:相手との親密度に関係なくパーソナル・スペースは一定である。

解答と解説

第24回-問題34

コミュニケーションの基本に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1:自分自身の感情に気付く。

2:伝えたいことを明確に伝える。

3:相手の言葉が出にくい時は次々と話しかける。

4:状況に応じて技法を使い分ける。

5:相手をありのまま受け止める。

解答と解説

第24回-問題35

高齢になってからの中途失聴者のコミュニケーション手段として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1:読話

2:筆談

3:点字

4:手話

5:指文字

解答と解説

第24回-問題36

失語症(aphasia)の人のコミュニケーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1:感覚性失語のある人には、五十音表を用いる。

2:感覚性失語のある人には、絵カードを用いる。

3:感覚性失語のある人には、手話を用いる。

4:運動性失語のある人には、大きな声で話をする。

5:運動性失語のある人には、「はい」「いいえ」で答えられる質問をする。

解答と解説

第24回-問題37

介護記録に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1:介護を実施したその日のうちに行う。

2:訂正は修正液で行う。

3:情報保護のため電子メールで利用者情報を送信する。

4:すぐに記録できるよう記録類は机の上に広げておく。

5:勤務時間内に記録できなかった場合は自宅で行う。

解答と解説

第24回-問題38

介護職が申し送りで、利用者の状態を報告する時の発言として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1:「本日朝6時に少量の胃液を嘔吐した」

2:「嘔吐したので、胃腸薬の服用が必要である」

3:「気分が悪そうだったので、かわいそうに思った」

4:「少しだけ嘔吐した」

5:「嘔吐したが、排泄は順調であるため問題ないと思われる」

解答と解説

第24回-問題39

Hさん(79歳、女性)は一人暮らしである。夫は6か月前に死亡した。夫の死後すぐに脳梗塞(cerebral infarction)を起こし入院、軽い構音障害が残った。2か月後退院し在宅での生活となり、訪問介護員が初回訪問した。
訪問介護員の対応として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1:訪問介護員が自分の生い立ちについて話した。

2:Hさんを理解するため夫の死亡について詳しくたずねた。

3:話が聞き取れないときも分かったふりをした。

4:Hさんの言葉にうなずきながらゆっくりと話を聴いた。

5:訪問介護員が予定した質問を中心に会話を進めた。

解答と解説

第24回-問題40

Jさん(80歳、男性)は、嚥下機能が低下し食事接取が減少した結果、低栄養状態が問題となっている。この問題を検討するカンファレンスの参加者は、介護福祉士と施設長、医師、看護師、管理栄養士であった。
介護福祉士の参加のあり方として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1:発言するときは、施設長の意見に合わせて発言する。

2:話を聞くときは、少数意見より多数意見を重視する。

3:分からないことは会議中に質問せず、会議後に調べる。

4:参加者間で意見の不一致があっても議論し、合意点を見いだす。

5:低栄養に関する問題なので、医師の意見に従う。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第24回試験問題と解答・解説 > コミュニケーション技術

Page Top

© 2011-2017 過去問.com