Home > H23秋期問題と解答・解説 > 中問

スポンサーリンク

中問

H23秋期-問89

[中問A]
ディジタル画像に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

文字や図形を白黒で縦7画素、横7画素のディジタル画像で表すとき、数字の“0”を図1のように表現する。このディジタル画像を画素データとして出力する処理、画素データを圧縮する処理及びディジタル画像を回転させる処理について考える。

画素データを出力する処理の概要と圧縮する処理の概要は、次のとおりである。

[画素データを出力する処理の概要]
(1)画素の色が白のときは“w”、黒のときは“b”を画素データとして出力する。
(2)1行1列、1行2列、…、1行7列、2行1列、2行2列、…、7行7列の順番に各位置の画素データを出力する。
(3)画素データを出力する際は、各画素データの間をコンマ“,”で区切る。
(4)図1の画素データを出力した結果は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて97文字になる。
w,w,b,b,b,w,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,
w,w,b,w,w,w,b,w,w,w,b,b,b,w,w

[画素データを圧縮する処理の概要]
(1)同じ色の画素データが連続する場合、“w”又は“b”の後に連続する画素の数をつなげて出力する。例えば、“b、b、b”は“b3”になる。
(2)図1の画素データを圧縮した結果の出力は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて64文字になる。
w2,b3,w3,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w3,b3,w2

画素データを圧縮せずに出力した場合、29文字目から41文字目が、“w,b,w,w,w,b,w”になるディジタル画像はどれか。

解答と解説

H23秋期-問90

[中問A]
ディジタル画像に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

文字や図形を白黒で縦7画素、横7画素のディジタル画像で表すとき、数字の“0”を図1のように表現する。このディジタル画像を画素データとして出力する処理、画素データを圧縮する処理及びディジタル画像を回転させる処理について考える。

画素データを出力する処理の概要と圧縮する処理の概要は、次のとおりである。

[画素データを出力する処理の概要]
(1)画素の色が白のときは“w”、黒のときは“b”を画素データとして出力する。
(2)1行1列、1行2列、…、1行7列、2行1列、2行2列、…、7行7列の順番に各位置の画素データを出力する。
(3)画素データを出力する際は、各画素データの間をコンマ“,”で区切る。
(4)図1の画素データを出力した結果は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて97文字になる。
w,w,b,b,b,w,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,
w,w,b,w,w,w,b,w,w,w,b,b,b,w,w

[画素データを圧縮する処理の概要]
(1)同じ色の画素データが連続する場合、“w”又は“b”の後に連続する画素の数をつなげて出力する。例えば、“b、b、b”は“b3”になる。
(2)図1の画素データを圧縮した結果の出力は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて64文字になる。
w2,b3,w3,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w3,b3,w2

図2で示すディジタル画像の画素データを圧縮した結果の文字数は、コンマを含めて何文字か。

ア:34

イ:39

ウ:42

エ:44

解答と解説

H23秋期-問91

[中問A]
ディジタル画像に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

文字や図形を白黒で縦7画素、横7画素のディジタル画像で表すとき、数字の“0”を図1のように表現する。このディジタル画像を画素データとして出力する処理、画素データを圧縮する処理及びディジタル画像を回転させる処理について考える。

画素データを出力する処理の概要と圧縮する処理の概要は、次のとおりである。

[画素データを出力する処理の概要]
(1)画素の色が白のときは“w”、黒のときは“b”を画素データとして出力する。
(2)1行1列、1行2列、…、1行7列、2行1列、2行2列、…、7行7列の順番に各位置の画素データを出力する。
(3)画素データを出力する際は、各画素データの間をコンマ“,”で区切る。
(4)図1の画素データを出力した結果は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて97文字になる。
w,w,b,b,b,w,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,
w,w,b,w,w,w,b,w,w,w,b,b,b,w,w

[画素データを圧縮する処理の概要]
(1)同じ色の画素データが連続する場合、“w”又は“b”の後に連続する画素の数をつなげて出力する。例えば、“b、b、b”は“b3”になる。
(2)図1の画素データを圧縮した結果の出力は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて64文字になる。
w2,b3,w3,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w3,b3,w2

ディジタル画像を右に90度回転させる処理を流れ図で表すとき、図3のaに入れる適切な字句はどれか。

ア:(8-i)行j列

イ:(8-j)行i列

ウ:i行(8-j)列

エ:j行(8-i)列

解答と解説

H23秋期-問92

[中問A]
ディジタル画像に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

文字や図形を白黒で縦7画素、横7画素のディジタル画像で表すとき、数字の“0”を図1のように表現する。このディジタル画像を画素データとして出力する処理、画素データを圧縮する処理及びディジタル画像を回転させる処理について考える。

画素データを出力する処理の概要と圧縮する処理の概要は、次のとおりである。

[画素データを出力する処理の概要]
(1)画素の色が白のときは“w”、黒のときは“b”を画素データとして出力する。
(2)1行1列、1行2列、…、1行7列、2行1列、2行2列、…、7行7列の順番に各位置の画素データを出力する。
(3)画素データを出力する際は、各画素データの間をコンマ“,”で区切る。
(4)図1の画素データを出力した結果は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて97文字になる。
w,w,b,b,b,w,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,w,w,b,w,w,w,b,
w,w,b,w,w,w,b,w,w,w,b,b,b,w,w

[画素データを圧縮する処理の概要]
(1)同じ色の画素データが連続する場合、“w”又は“b”の後に連続する画素の数をつなげて出力する。例えば、“b、b、b”は“b3”になる。
(2)図1の画素データを圧縮した結果の出力は次のとおりになり、文字数はコンマを含めて64文字になる。
w2,b3,w3,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w2,b,w3,b,w3,b3,w2

図4の三つのディジタル画像をそれぞれ右に90度回転させたとき、回転前の画素データを圧縮した結果の文字数から、回転後の画素データを圧縮した結果の文字数を引いた値が大きい順に並べたものはどれか。ここで、文字数にはコンマを含める。

ア:画像①、画像②、画像③

イ:画像①、画像③、画像②

ウ:画像②、画像①、画像③

エ:画像②、画像③、画像①

解答と解説

H23秋期-問93

[中問B]
インターネットを使った商品販売システムの開発に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

M社は装飾品販売会社である。M社では新たな事業として、一般消費者に対するインターネットを用いたアクセサリ販売を検討することになった。
販売企画課の入社2年目になるAさんは、このアクセサリ販売を検討するメンバに選ばれ、インターネットで商品を販売するシステム(以下、通販システムという)の構築を担当することになった。Aさんは通販システムの構築に当たり、実施すべきことを気づいた順にメモに書き出した。
なお、M社では、通販システムの構築はX社に委託することを決めている。

[Aさんが書き出したメモ]
(1)アクセサリの販売を行っている従業員や、アクセサリを購入した顧客から、通販システムに対する要求や要望をヒアリングして、文書にまとめる。
(2)委託先のX社に通販システムの要件を伝える。その後、 X社が構築した通販システム、X社が作成したプログラム設計書、及びX社が実施したテスト報告書を受領する。
(3)通販システムに対する要求や要望を基に、通販システムで実装すべきシステム要件を文書にまとめる。
(4)通販システムに対する要件を満たしているかの判定のために、X社から受領した通販システムのテストをM社が実施する。結果をM社のテスト報告書にまとめる。
(5)M社がテストした結果を基に、通販システムの妥当性の確認を行い、稼働判定を実施する。通販システムの稼働が可能と判断されれば、通販システムでの販売を開始する。

[Aさんが書き出したメモ]の(1)~(5)を実施する順番に並べたとき、aに入れる適切なものはどれか。

ア:(1)

イ:(2)

ウ:(3)

エ:(4)

解答と解説

H23秋期-問94

[中問B]
インターネットを使った商品販売システムの開発に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

M社は装飾品販売会社である。M社では新たな事業として、一般消費者に対するインターネットを用いたアクセサリ販売を検討することになった。
販売企画課の入社2年目になるAさんは、このアクセサリ販売を検討するメンバに選ばれ、インターネットで商品を販売するシステム(以下、通販システムという)の構築を担当することになった。Aさんは通販システムの構築に当たり、実施すべきことを気づいた順にメモに書き出した。
なお、M社では、通販システムの構築はX社に委託することを決めている。

[Aさんが書き出したメモ]
(1)アクセサリの販売を行っている従業員や、アクセサリを購入した顧客から、通販システムに対する要求や要望をヒアリングして、文書にまとめる。
(2)委託先のX社に通販システムの要件を伝える。その後、 X社が構築した通販システム、X社が作成したプログラム設計書、及びX社が実施したテスト報告書を受領する。
(3)通販システムに対する要求や要望を基に、通販システムで実装すべきシステム要件を文書にまとめる。
(4)通販システムに対する要件を満たしているかの判定のために、X社から受領した通販システムのテストをM社が実施する。結果をM社のテスト報告書にまとめる。
(5)M社がテストした結果を基に、通販システムの妥当性の確認を行い、稼働判定を実施する。通販システムの稼働が可能と判断されれば、通販システムでの販売を開始する。

Aさんは、[Aさんが書き出したメモ]の(3)の作業で、今回のシステム要件を文書にまとめると、どの程度のページ数になるか先輩社員に相談したところ、経験上300ページ程度になるとの回答を得た。この300ページの文書を、次の条件において10日間で作成するためには、最低何人の作業者が必要か。

[条件]
(1)作業者は1日当たり8ページを記述する。全ての作業者の生産性は同じである。
(2)作業者が複数で担当する場合は、 2人ずつの打合せが毎日1回発生する。
(3)打合せは作業者2人ずつ総当たりで行い、2人1組当たりの打合せ時間は、0.5ページ分を記述する時間に相当する。例えば、作業者が3人の場合、1人が他の2人に対して、それぞれ打合せが必要になるので、合わせて1ページ分の記述に相当する時間が必要となる。したがって、この場合では作業者1人が実際に1日に記述できるページ数は7となる。

ア:4

イ:5

ウ:6

エ:7

解答と解説

H23秋期-問95

[中問B]
インターネットを使った商品販売システムの開発に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

M社は装飾品販売会社である。M社では新たな事業として、一般消費者に対するインターネットを用いたアクセサリ販売を検討することになった。
販売企画課の入社2年目になるAさんは、このアクセサリ販売を検討するメンバに選ばれ、インターネットで商品を販売するシステム(以下、通販システムという)の構築を担当することになった。Aさんは通販システムの構築に当たり、実施すべきことを気づいた順にメモに書き出した。
なお、M社では、通販システムの構築はX社に委託することを決めている。

[Aさんが書き出したメモ]
(1)アクセサリの販売を行っている従業員や、アクセサリを購入した顧客から、通販システムに対する要求や要望をヒアリングして、文書にまとめる。
(2)委託先のX社に通販システムの要件を伝える。その後、 X社が構築した通販システム、X社が作成したプログラム設計書、及びX社が実施したテスト報告書を受領する。
(3)通販システムに対する要求や要望を基に、通販システムで実装すべきシステム要件を文書にまとめる。
(4)通販システムに対する要件を満たしているかの判定のために、X社から受領した通販システムのテストをM社が実施する。結果をM社のテスト報告書にまとめる。
(5)M社がテストした結果を基に、通販システムの妥当性の確認を行い、稼働判定を実施する。通販システムの稼働が可能と判断されれば、通販システムでの販売を開始する。

Aさんは、[Aさんが書き出したメモ]の(4)の作業を、テスト1~4とテスト報告書作成という小作業項目に分解し、それぞれの日数と依存関係を表1にまとめた。この作業のクリテイカルパスに掛かる日数は何日か。

ア:7

イ:8

ウ:9

エ:10

解答と解説

H23秋期-問96

[中問B]
インターネットを使った商品販売システムの開発に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

M社は装飾品販売会社である。M社では新たな事業として、一般消費者に対するインターネットを用いたアクセサリ販売を検討することになった。
販売企画課の入社2年目になるAさんは、このアクセサリ販売を検討するメンバに選ばれ、インターネットで商品を販売するシステム(以下、通販システムという)の構築を担当することになった。Aさんは通販システムの構築に当たり、実施すべきことを気づいた順にメモに書き出した。
なお、M社では、通販システムの構築はX社に委託することを決めている。

[Aさんが書き出したメモ]
(1)アクセサリの販売を行っている従業員や、アクセサリを購入した顧客から、通販システムに対する要求や要望をヒアリングして、文書にまとめる。
(2)委託先のX社に通販システムの要件を伝える。その後、 X社が構築した通販システム、X社が作成したプログラム設計書、及びX社が実施したテスト報告書を受領する。
(3)通販システムに対する要求や要望を基に、通販システムで実装すべきシステム要件を文書にまとめる。
(4)通販システムに対する要件を満たしているかの判定のために、X社から受領した通販システムのテストをM社が実施する。結果をM社のテスト報告書にまとめる。
(5)M社がテストした結果を基に、通販システムの妥当性の確認を行い、稼働判定を実施する。通販システムの稼働が可能と判断されれば、通販システムでの販売を開始する。

M社では、通販システムを稼働させる前に、[Aさんが書き出したメモ]の(5)で、稼働の可否を判断する稼働判定会議を実施することにしている。そこで、Aさんはこの会議に必要な文書を用意することにした。次の記述中のb、cに入れる適切な文書記号の組合せはどれか。
なお、[Aさんが書き出したメモ]の(1)~(4)では、既に表2に示す文書が作成されている。

通販システムの稼働判定は、[ b ]の結果を基に実施する。また、[ b ]に記載された内容の過不足の確認は、[ c ]を参照し、判定する。

ア:b=③ c=①

イ:b=③ c=④

ウ:b=⑤ c=②

エ:b=⑤ c=④

解答と解説

H23秋期-問97

[中問C]
売上向上プロジェクトに関する次の記述を読んで、問に答えよ。

S社は服飾販売会社で、数十の店舗をチェーン展開している。近年、競合他社と比べると売上額の伸びが鈍化しているので、売上向上プロジェクトを立ち上げた。販売企画課の入社2年目のAさんは、先輩社員のBさんとともに、このメンバに選ばれた。
売上向上プロジェクトでは、各店舗に任せている販売促進活動(以下、販促活動という)の効果を高める必要があると考え、各店舗の現状を調査し、課題や要望を抽出することにした。調査にはアンケート調査とインタビュー調査があるが、今回の調査ではインタビュー調査を行うことにした。Aさんは、Bさんからインタビュー調査の注意点の説明を受けて、各店舗の店長にインタビュー調査を行い、複数の店舗に共通している課題と要望をまとめた。

[インタビュー調査の注意点]
(1)販促活動の実態や問題点を、短い時間で効率よく調査をするために、あらかじめ主要な質問項目を準備しておくこと
(2)質問の順序として、一般的な質問から具体的な質問に展開したり、対象とする活動の時間的な流れに沿って質問を展開したりするなど、論理的な流れで行うこと
(3)調査を実施する側と調査を受ける側で、認識のずれが生じないようにすること

[店舗の課題と要望]
(1)アルバイト社員や新入社員は商品知識が乏しい。このことから、それらの社員を雇用している店舗では、商品知識や流行のファッション情報の習得を目的とした教育を実施したいという要望がある。
(2)顧客の満足度を向上させることで売上を増やし、店舗ごとに定められている売上目標を達成したいと考えている。
(3)顧客から受けた商品情報に関する質問に店員が適切に回答したり、顧客の好みに沿った商品を推薦したりする必要があると考えている。

AさんはBさんの指導の下で、店舗の課題と要望に対する施策を考え、実現性を考慮した上で、売上向上プロジェクトの計画書(以下、プロジェクト計画書という)を作成することにした。また、複数の施策が考えられるときには、それぞれの予測効果を数値化して比較し、施策実行の可否の判断を行うことにした。

売上向上プロジェクトが、今回の手法として、アンケート調査ではなくインタビュー調査を選択した理由として、適切なものはどれか。

ア:各店長に対する質問項目を、統一することができるから。

イ:各店舗の実態に合わせて、柔軟に質問を変えることができるから。

ウ:短時間で、費用を掛けずに一斉に調査できるから。

エ:調査を行う人の主観に左右されない質問ができるから。

解答と解説

H23秋期-問98

[中問C]
売上向上プロジェクトに関する次の記述を読んで、問に答えよ。

S社は服飾販売会社で、数十の店舗をチェーン展開している。近年、競合他社と比べると売上額の伸びが鈍化しているので、売上向上プロジェクトを立ち上げた。販売企画課の入社2年目のAさんは、先輩社員のBさんとともに、このメンバに選ばれた。
売上向上プロジェクトでは、各店舗に任せている販売促進活動(以下、販促活動という)の効果を高める必要があると考え、各店舗の現状を調査し、課題や要望を抽出することにした。調査にはアンケート調査とインタビュー調査があるが、今回の調査ではインタビュー調査を行うことにした。Aさんは、Bさんからインタビュー調査の注意点の説明を受けて、各店舗の店長にインタビュー調査を行い、複数の店舗に共通している課題と要望をまとめた。

[インタビュー調査の注意点]
(1)販促活動の実態や問題点を、短い時間で効率よく調査をするために、あらかじめ主要な質問項目を準備しておくこと
(2)質問の順序として、一般的な質問から具体的な質問に展開したり、対象とする活動の時間的な流れに沿って質問を展開したりするなど、論理的な流れで行うこと
(3)調査を実施する側と調査を受ける側で、認識のずれが生じないようにすること

[店舗の課題と要望]
(1)アルバイト社員や新入社員は商品知識が乏しい。このことから、それらの社員を雇用している店舗では、商品知識や流行のファッション情報の習得を目的とした教育を実施したいという要望がある。
(2)顧客の満足度を向上させることで売上を増やし、店舗ごとに定められている売上目標を達成したいと考えている。
(3)顧客から受けた商品情報に関する質問に店員が適切に回答したり、顧客の好みに沿った商品を推薦したりする必要があると考えている。

AさんはBさんの指導の下で、店舗の課題と要望に対する施策を考え、実現性を考慮した上で、売上向上プロジェクトの計画書(以下、プロジェクト計画書という)を作成することにした。また、複数の施策が考えられるときには、それぞれの予測効果を数値化して比較し、施策実行の可否の判断を行うことにした。

[インタビュー調査の注意点]に従ったインタビュー調査の進め方として、適切なものはどれか。

ア:商品の仕入れや返品、陳列、販促、売上集計など、店舗で実施する全ての業務について質問する。

イ:店長がインタビュー調査の目的から外れた回答を続けても、店長の主体性を重んじてインタビュー調査を継続する。

ウ:店長から得た回答のメモを取り、インタビュー調査終了後、メモの内容に誤解がないかを店長に確認する。

エ:店舗ごとに、売上の良い商品に関する項目に絞って質問する。

解答と解説

H23秋期-問99

[中問C]
売上向上プロジェクトに関する次の記述を読んで、問に答えよ。

S社は服飾販売会社で、数十の店舗をチェーン展開している。近年、競合他社と比べると売上額の伸びが鈍化しているので、売上向上プロジェクトを立ち上げた。販売企画課の入社2年目のAさんは、先輩社員のBさんとともに、このメンバに選ばれた。
売上向上プロジェクトでは、各店舗に任せている販売促進活動(以下、販促活動という)の効果を高める必要があると考え、各店舗の現状を調査し、課題や要望を抽出することにした。調査にはアンケート調査とインタビュー調査があるが、今回の調査ではインタビュー調査を行うことにした。Aさんは、Bさんからインタビュー調査の注意点の説明を受けて、各店舗の店長にインタビュー調査を行い、複数の店舗に共通している課題と要望をまとめた。

[インタビュー調査の注意点]
(1)販促活動の実態や問題点を、短い時間で効率よく調査をするために、あらかじめ主要な質問項目を準備しておくこと
(2)質問の順序として、一般的な質問から具体的な質問に展開したり、対象とする活動の時間的な流れに沿って質問を展開したりするなど、論理的な流れで行うこと
(3)調査を実施する側と調査を受ける側で、認識のずれが生じないようにすること

[店舗の課題と要望]
(1)アルバイト社員や新入社員は商品知識が乏しい。このことから、それらの社員を雇用している店舗では、商品知識や流行のファッション情報の習得を目的とした教育を実施したいという要望がある。
(2)顧客の満足度を向上させることで売上を増やし、店舗ごとに定められている売上目標を達成したいと考えている。
(3)顧客から受けた商品情報に関する質問に店員が適切に回答したり、顧客の好みに沿った商品を推薦したりする必要があると考えている。

AさんはBさんの指導の下で、店舗の課題と要望に対する施策を考え、実現性を考慮した上で、売上向上プロジェクトの計画書(以下、プロジェクト計画書という)を作成することにした。また、複数の施策が考えられるときには、それぞれの予測効果を数値化して比較し、施策実行の可否の判断を行うことにした。

Aさんは、[店舗の課題と要望]に関する施策をプロジェクト計画書にまとめるとき、それぞれの要望に因果関係があると考え、プロジェクト計画書ではそれらの因果関係を順序付けたシナリオとして記述することにした。プロジェクト計画書に(1)~(3)を記述するとき、記述順として、適切なものはどれか。
なお、(a)→(b)という記述は、(a)を解決することによって(b)の解決が促進されるという因果関係を表している。

ア:(1)→(2)→(3)

イ:(1)→(3)→(2)

ウ:(2)→(3)→(1)

エ:(3)→(1)→(2)

解答と解説

H23秋期-問100

[中問C]
売上向上プロジェクトに関する次の記述を読んで、問に答えよ。

S社は服飾販売会社で、数十の店舗をチェーン展開している。近年、競合他社と比べると売上額の伸びが鈍化しているので、売上向上プロジェクトを立ち上げた。販売企画課の入社2年目のAさんは、先輩社員のBさんとともに、このメンバに選ばれた。
売上向上プロジェクトでは、各店舗に任せている販売促進活動(以下、販促活動という)の効果を高める必要があると考え、各店舗の現状を調査し、課題や要望を抽出することにした。調査にはアンケート調査とインタビュー調査があるが、今回の調査ではインタビュー調査を行うことにした。Aさんは、Bさんからインタビュー調査の注意点の説明を受けて、各店舗の店長にインタビュー調査を行い、複数の店舗に共通している課題と要望をまとめた。

[インタビュー調査の注意点]
(1)販促活動の実態や問題点を、短い時間で効率よく調査をするために、あらかじめ主要な質問項目を準備しておくこと
(2)質問の順序として、一般的な質問から具体的な質問に展開したり、対象とする活動の時間的な流れに沿って質問を展開したりするなど、論理的な流れで行うこと
(3)調査を実施する側と調査を受ける側で、認識のずれが生じないようにすること

[店舗の課題と要望]
(1)アルバイト社員や新入社員は商品知識が乏しい。このことから、それらの社員を雇用している店舗では、商品知識や流行のファッション情報の習得を目的とした教育を実施したいという要望がある。
(2)顧客の満足度を向上させることで売上を増やし、店舗ごとに定められている売上目標を達成したいと考えている。
(3)顧客から受けた商品情報に関する質問に店員が適切に回答したり、顧客の好みに沿った商品を推薦したりする必要があると考えている。

AさんはBさんの指導の下で、店舗の課題と要望に対する施策を考え、実現性を考慮した上で、売上向上プロジェクトの計画書(以下、プロジェクト計画書という)を作成することにした。また、複数の施策が考えられるときには、それぞれの予測効果を数値化して比較し、施策実行の可否の判断を行うことにした。

Aさんは、会員顧客を対象にした販促活動を行うことを検討している。そこで、表1に示す四つの販売促進策を考え、それぞれの費用と効果の金額を見込んだ。効果に関しては、期待できる効果が大の場合、中の場合、小の場合に分け、それぞれの場合が発生する確率を0.2、0.5、0.3と推測した。この推測に従って実施すると予想利益が最大になる販売促進策はどれか。ここで、予想利益は効果の金額の期待値から費用を差し引いたものとする。

ア:商品発表会権商談会への招待

イ:ダイレクトメール

ウ:電子メール

エ:電話

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H23秋期問題と解答・解説 > 中問

Page Top

© 2011-2017 過去問.com