Home > テクノロジ系 > H27春期-問52

H27春期-問52

PCの処理効率を高めるために、CPUが主記憶にアクセスする時間を見かけ上短縮することを目的としたものはどれか。

ア:SSD

イ:仮想記憶

ウ:キャッシュメモリ

エ:デフラグ

答:ウ

ア:誤り。SSDは、ハードディスクの代わりに、フラッシュメモリを利用したドライブである。

イ:誤り。仮想記憶は、主記憶の物理メモリ量を超えて、仮想的な主記憶を使用できるようにすることである。

ウ:正しい。キャッシュメモリは、CPUが主記憶にアクセスする時間を見かけ上短縮する。

エ:誤り。デフラグは、記憶領域の断片化を改善することである。

スポンサーリンク

Home > テクノロジ系 > H27春期-問52

Page Top

© 2011-2020 過去問.com