Home > テクノロジ系 > H26秋期-問51

H26秋期-問51

次の認証方式の特徴に関する記述として、適切なものはどれか。

・利用者にはあらかじめ乱数表が渡されている。
・乱数表に印刷された数字は利用者ごとに異なる。
・システムが要求する乱数表の座標位置に記載された数字をパスワードとして入力する。(座標位置は毎回異なる。)
・正しいパスワードの入力が確認できた場合に認証が成功する。

ア:システムが要求する乱数表の座標位置が同じでも、パスワードは毎回異なる。

イ:知識による認証の一種である。

ウ:盗聴したパスワード利用による、なりすましの防止に有効である。

エ:乱数表を他人に渡しても安全である。

答:ウ

ア:誤り。利用者にあらかじめ渡される乱数表を利用しているため、システムが要求する乱数表の座標位置が同じなら、パスワードも同じになる。

イ:誤り。パスワードは、乱数表とシステムが要求する乱数表の座標位置から求められ、知識を必要としていない。

ウ:正しい。パスワードが盗聴されても、システムが要求する乱数表の座標位置は毎回異なるため、なりすましの防止に有効である。

エ:誤り。乱数表を他人に渡すのは、パスワードを渡すのと同等の行為である。

スポンサーリンク

Home > テクノロジ系 > H26秋期-問51

Page Top

© 2011-2020 過去問.com