Home > マネジメント系 > H26秋期-問36

H26秋期-問36

メールシステムに関するサービスマネジメントのPDCAサイクルのうち、C(Check)に該当するものはどれか。

ア:メールシステムの応答時間を短縮するために、サーバ構成の見直しを提案した。

イ:メールシステムの稼働率などの目標値を設定し、必要な資源を明確にした。

ウ:メールシステムの障害回数や回復時間を測定して稼働率を算出し、目標値との比較を行った。

エ:メールシステムの設計内容に従って、ファイルの割当てなどのシステムのセットアップ作業を実施した。

答:ウ

ア:誤り。応答時間を短縮するために、サーバ構成の見直しを提案することは、A(Act)に該当する。

イ:誤り。稼働率などの目標値を設定し、必要な資源を明確にすることは、P(Plan)に該当する。

ウ:正しい。目標値との比較は、C(Check)に該当する。

エ:誤り。設計内容に従って、ファイルの割当てなどのシステムのセットアップ作業を実施することは、D(Do)に該当する。

スポンサーリンク

Home > マネジメント系 > H26秋期-問36

Page Top

© 2011-2020 過去問.com