Home > ストラテジ系 > H26秋期-問23

H26秋期-問23

インターネット上の脅威となる行為のうち、不正アクセス禁止法で禁止されているものはどれか。

ア:セキュリティホールを利用してWebサイトに侵入する。

イ:不正なデータ送信や大量のトラフィックなどで、ターゲットのコンピュータやネットワーク機器に負荷をかけ、サービス不能にする。

ウ:傍受した無線LANの電波を解析して、競合他社の技術情報を読み取る。

エ:利用者の意図とは無関係な画像を表示するウイルス付きのメールを特定の相手に故意に送付する。

答:ア

ア:正しい。セキュリティホールを利用したWebサイトへの侵入は、アクセス権限を持たない者による不正アクセスに該当する。

イ:誤り。不正なデータ送信や大量のトラフィックなどで、ターゲットのコンピュータやネットワーク機器に負荷をかけ、サービス不能にするのは、DoS攻撃である。

ウ:誤り。無線通信の傍受は禁止されていないが、傍受した無線LANの電波を解析して、競合他社の技術情報を読み取る行為は、電波法に抵触する。

エ:誤り。利用者の意図とは無関係な画像を表示するウイルス付きのメールを特定の相手に故意に送付するのは、刑法の不正指令電磁的記録作成等の罪に該当する。

スポンサーリンク

Home > ストラテジ系 > H26秋期-問23

Page Top

© 2011-2020 過去問.com