Home > ストラテジ系 > H26秋期-問17

H26秋期-問17

自社の給与マスタの更新権限をもつ社員が、自身の給与を増額するよう給与マスタの内容を改ざんした。その事実が、給与支給前に発覚した。データの改ざんを行ったこの社員を処罰する法律として、適切なものはどれか。

ア:刑法

イ:個人情報保護法

ウ:電気通信事業法

エ:不正アクセス禁止法

答:ア

ア:正しい。自身の給与を増額するよう給与マスタの内容を改ざんする行為は、電磁的記録不正作出及び供用の罪に該当する。

イ:誤り。自身に関連する情報にアクセスしているので、個人情報保護法には抵触しない。

ウ:誤り。電気通信事業法は、電気通信事業に関する法律で、個人によるデータ改ざんでは該当しない。

エ:誤り。データ改ざんした社員は、給与マスタの更新権限を持っているため、不正アクセスには該当しない。

スポンサーリンク

Home > ストラテジ系 > H26秋期-問17

Page Top

© 2011-2020 過去問.com