Home > ストラテジ系 > H26秋期-問10

H26秋期-問10

特許戦略の一つであるクロスライセンスの説明として、最も適切なものはどれか。

ア:自社にない技術を有する企業を吸収合併することによって、その企業が有する特許を得ること

イ:自社に不足する技術を補完して特許出願を行うために、自社以外の組織との共同研究を実施すること

ウ:自社の特許を他社に開放し、その対価としてそれに見合ったロイヤルティを得ること

エ:特許の権利者同士がそれぞれの所有する権利に関して、相互にその使用を許諾すること

答:エ

ア:誤り。自社にない技術を有する企業を吸収合併することによって、その企業が有する特許を得る手法は、M&Aによって実現される。

イ:誤り。クロスライセンスは、お互いに所有する特許権の行使を許諾するものであるから、共同研究によって実現するものではない。

ウ:誤り。自社の特許を他社に開放し、その対価としてそれに見合ったロイヤルティを得ることは、開放特許により実現される。

エ:正しい。特許の権利者同士がそれぞれの所有する権利に関して、相互にその使用を許諾することは、クロスライセンスである。

スポンサーリンク

Home > ストラテジ系 > H26秋期-問10

Page Top

© 2011-2020 過去問.com