Home > 第25回試験問題と解答・解説 > 人間の尊厳と自立

スポンサーリンク

人間の尊厳と自立

第25回-問題1

介護福祉士が誠実に業務を行うことを明示した法律として、正しいものを1つ選びなさい。

1:社会福祉法

2:高齢者虐待防止法

3:社会福祉士及び介護福祉士法

4:介護保険法

5:老人福祉法

(注)「高齢者虐待防止法」とは、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

解答と解説

第25回-問題2

Aさん(84歳、男性)は、「私は13歳のとき、発疹が現れ医師の診察を受けたところ、ある感染症にかかっているという理由で、強制的に国立の療養所に入所させられた」と語った。この入所は、ある感染症の予防法に基づくものであった。
Aさんは、「療養所では、入所した日から本名を使うことができなかった。また、一時帰宅したが、その後の帰宅を両親から断られた」と続けた。
この法律は1996年(平成8年)に廃止された。
Aさんが罹患した感染症として、正しいものを1つ選びなさい。

1:破傷風(tetanus)

2:コレラ(cholera)

3:痘そう(smallpox)

4:梅毒(syphilis)

5:ハンセン病(Hansen's disease)

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第25回試験問題と解答・解説 > 人間の尊厳と自立

Page Top

© 2011-2017 過去問.com