Home > 第23回試験問題と解答・解説 > リハビリテーション論

スポンサーリンク

リハビリテーション論

第23回-問題23

身体障害に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1:胸髄損傷(thoracic cord injury)は四肢麻痺を伴う。

2:頸髄損傷(cervical cord injury)は膀胱直腸障害を伴う。

3:脳性麻痺(cerebral palsy)は運動障害を伴う。

4:一定程度以上の視野狭窄は視覚障害に含まれる。

5:二分脊椎(spina bifida)は肢体不自由の原因となる。

解答と解説

第23回-問題24

関節リウマチ(rheumatoid arthritis)とリハビリテーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1:関節痛は単一の関節に起きる。

2:関節のこわばりは夕方に強い。

3:日常生活指導では、関節の保護を重視する。

4:物を持つときは、手・指などの小さな関節を活用する。

5:男性に多い疾患である。

解答と解説

第23回-問題25

精神障害者のリハビリテーションに関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1:薬物乱用者は対象となる。

2:急性期の精神障害者を主な対象とする。

3:作業療法は有効である。

4:集団精神療法は有効である。

5:デイケアへの参加は有効である。

解答と解説

第23回-問題26

リハビリテーションにおけるチームアプローチに関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1:それぞれの職種が専門性を発揮する。

2:他の専門職の業務を理解する。

3:障害に対する共通理解を持つ。

4:各専門職のアプローチを医師が決定する。

5:計画についての共通理解を持つ。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > 第23回試験問題と解答・解説 > リハビリテーション論

Page Top

© 2011-2017 過去問.com