Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題1-34

予想問題1-34

危険物を取り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。その腐食の原因として、考えにくいものはどれか。

1:地下水位が高く、常時、配管の上部が乾燥し、下部が湿っている。

2:配管設置の際、工具が落下し被覆が剥がれたことに気づかず、配管を埋設した。

3:コンクリートの中に配管を埋設した。

4:電気機器のアースをとるため、銅の棒を地中に打ち込んだ際に、配管と銅の棒が接触した。

5:埋設した配管の近くに、直流の電気設備を設置したため、迷走電流の影響が大きくなった。

答:3

1:誤り。常時、配管の上部が乾燥し、下部が湿っている場合には、腐食は進行しやすい。

2:誤り。配管の被覆が剥がれると、そこから腐食が進行する。

3:正しい。コンクリートの中に配管を埋設した場合には、鋼管は腐食しにくい。

4:誤り。鋼管と銅の棒が接触した場合には、異種金属接触腐食がおこる。

5:誤り。迷走電流により、鋼管が腐食しやすくなる。

スポンサーリンク

Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題1-34

Page Top

© 2011-2019 過去問.com