Home > 労働衛生 > H31前期-問15

H31前期-問15

厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針」に基づく、重量物取扱い作業における腰痛予防対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:労働者全員に腰部保護ベルトを使用させる。

2:取り扱う物の重量をできるだけ明示する。

3:重量物を取り扱うときは、急激な身体の移動をなくし、前屈やひねり等の不自然な姿勢はとらず、かつ、身体の重心の移動を少なくする。

4:重量物を持ち上げるときは、できるだけ身体を対象物に近づけ、重心を低くするような姿勢をとる。

5:重量物取扱い作業に常時従事する労働者に対しては、当該作業に配置する際及びその後6か月以内ごとに1回、定期に、医師による腰痛の健康診断を行う。

答:1

1:誤り。腰部保護ベルトは、一律に使用させるのではなく、労働者ごとに効果を確認してから使用の適否を判断する。

2:正しい。取り扱う物の重量をできるだけ明示する。

3:正しい。重量物を取り扱うときは、急激な身体の移動をなくし、前屈やひねり等の不自然な姿勢はとらず、かつ、身体の重心の移動を少なくする。

4:正しい。重量物を持ち上げるときは、できるだけ身体を対象物に近づけ、重心を低くするような姿勢をとる。

5:正しい。重量物取扱い作業に常時従事する労働者に対しては、当該作業に配置する際及びその後6か月以内ごとに1回、定期に、医師による腰痛の健康診断を行う。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生 > H31前期-問15

Page Top

© 2011-2020 過去問.com