Home > 労働衛生 > H31前期-問16

H31前期-問16

厚生労働省の「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」に基づく措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:ディスプレイ画面上における照度は、書類上及びキーボード上における照度とほぼ同じ明るさとし、400ルクス程度としている。

2:作業室内には、間接照明等のグレア防止用照明器具を用いている。

3:ディスプレイは、おおむね50cm程度の視距離が確保できるようにしている。

4:単純入力型及び拘束型に該当するVDT作業については、一連続作業時間を1時間とし、次の連続作業までの間に5分の作業休止時間を設けている。

5:VDT作業健康診断では、視力検査などの眼科学的検査のほか、上肢の運動機能などの筋骨格系に関する検査も行っている。

答:4

1:正しい。ディスプレイ画面上における照度は、書類上及びキーボード上における照度とほぼ同じ明るさとし、300ルクス以上になるようにする。

2:正しい。作業室内には、間接照明等のグレア防止用照明器具を用いるようにする。

3:正しい。ディスプレイは、おおむね40cm以上の視距離が確保できるようにする。

4:誤り。単純入力型又は拘束型に該当するVDT作業については、一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に10~15分の作業休止時間を設け、かつ、一連続作業時間内において1~2回程度の小休止を設けるようにする。

5:正しい。VDT作業健康診断では、視力検査などの眼科学的検査のほか、上肢の運動機能などの筋骨格系に関する検査も行っている。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生 > H31前期-問16

Page Top

© 2011-2020 過去問.com