Home > 労働生理 > H27後期-問30

H27後期-問30

ストレスに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:外部からの刺激であるストレッサーは、その強弱にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を抑圧する。

2:ストレスに伴う心身の反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。

3:昇進、転勤、配置替えなどがストレスの原因となることがある。

4:職場環境における騒音、気温、湿度、悪臭などがストレスの原因となることがある。

5:ストレスにより、自律神経系と内分泌系のバランスが崩れ、精神神経科的疾患又は内科的疾患が生じる場合がある。

答:1

1:誤り。外部からの刺激であるストレッサーは、その強弱にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を緊張状態にする。

2:正しい。ストレスに伴う心身の反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。

3:正しい。昇進、転勤、配置替えなどがストレスの原因となることがある。

4:正しい。職場環境における騒音、気温、湿度、悪臭などがストレスの原因となることがある。

5:正しい。ストレスにより、自律神経系と内分泌系のバランスが崩れ、精神神経科的疾患又は内科的疾患が生じる場合がある。

スポンサーリンク

Home > 労働生理 > H27後期-問30

Page Top

© 2011-2019 過去問.com