Home > 貨物自動車運送事業法関係 > H29-2-3

H29-2-3

次の記述のうち、貨物自動車運送事業の運行管理者の行わなければならない業務として正しいものを2つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

1:法令の規定により、運転者に対して点呼を行い、報告を求め、確認を行い、及び指示を与え、並びに記録し、及びその記録を保存し、並びに国土交通大臣が告示で定めるアルコール検知器を備え置くこと。

2:法令に規定する「運行記録計」を管理し、及びその記録を保存すること。

3:事業用自動車に係る事故が発生した場合には、法令の規定により「事故の発生日時」等の所定の事項を記録し、及びその記録を保存すること。

4:運行管理規程を定め、かつ、その遵守について運行管理業務を補助させるため選任した補助者及び運転者に対し指導及び監督を行うこと。

答:2、3

1:誤り。法令の規定により、運転者に対して点呼を行い、報告を求め、確認を行い、及び指示を与え、並びに記録し、及びその記録を保存し、並びにアルコール検知器を常時有効に保持することが、運行管理者の業務である。国土交通大臣が告示で定めるアルコール検知器を備え置くことは、貨物自動車運送事業者の義務である。

2:正しい。法令に規定する「運行記録計」を管理し、及びその記録を保存することは、運行管理者の業務である。

3:正しい。事業用自動車に係る事故が発生した場合、法令の規定により「事故の発生日時」等の所定の事項を記録し、及びその記録を保存することは、運行管理者の業務である。

4:誤り。運行管理業務を補助させるため選任した補助者及び運転者に対し指導及び監督を行うことは運行管理者の業務であるが、運行管理規程を定めるのは貨物自動車運送事業者の業務である。

スポンサーリンク

Home > 貨物自動車運送事業法関係 > H29-2-3

Page Top

© 2011-2019 過去問.com