Home > 法令(問1~問10) > H30法令-問4

H30法令-問4

次のイ、ロ、ハの記述のうち、冷凍に係る製造事業所における冷媒ガスの補充用としての容器による高圧ガス(質量が1.5キログラムを超えるもの)の貯蔵の方法に係る技術上の基準について一般高圧ガス保安規則上正しいものはどれか。

イ.液化フルオロカーボンを充填した容器の貯蔵は、液化アンモニアの充填容器の場合と同様に、特に定められた場合を除き、車両に積載したまま行ってはならない。

ロ.液化アンモニアの充填容器及び残ガス容器は、それぞれ区分して容器置場に置かなければならないが、液化フルオロカーボンの充填容器及び残ガス容器はそれぞれ区分して容器置場に置くべき定めはない。

ハ.液化アンモニアの容器を置く容器置場には、携帯電燈以外の燈火を携えて立ち入ってはならない。

1:イ

2:ロ

3:イ、ハ

4:ロ、ハ

5:イ、ロ、ハ

答:3

イ.正しい。高圧ガスの貯蔵は、特に定められた場合を除き、車両等に固定し、又は積載した容器によりしてはなならない。
一般高圧ガス保安規則 第十八条

ロ.誤り。充てん容器等は、充てん容器及び残ガス容器にそれぞれ区分して容器置場に置かなければならない。液化フルオロカーボンの充填容器及び残ガス容器であっても同様である。
一般高圧ガス保安規則 第六条

ハ.正しい。可燃性ガスの容器置場には、携帯電燈以外の燈火を携えて立ち入ってはならない。
一般高圧ガス保安規則 第六条

スポンサーリンク

Home > 法令(問1~問10) > H30法令-問4

Page Top

© 2011-2020 過去問.com