Home > H17第2回問題と解答・解説 > 道路運送車両法関係

スポンサーリンク

道路運送車両法関係

H17-2-9

自動車の登録等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:新規登録を受けた自動車について所有者の変更があったときは、新所有者は、その事由があった日から15日以内に、国土交通大臣の行う移転登録の申請をしなければならない。

2:自動車の使用者は、自動車検査証の記載事項に変更があったときは、その事由があった日から30日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。

3:登録自動車の所有者は、当該自動車の使用者が道路運送車両法第54条第2項又は第54条の2第6項の規定により自動車の使用の停止を命ぜられ、同法第69条第2項の規定により自動車検査証を返納したときは、遅滞なく、当該自動車登録番号票及び封印を取り外し、自動車登録番号票について、国土交通大臣の領置を受けなければならない。

4:自動車(軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を除く。)は、自動車登録ファイルに登録を受けたものでなければ、これを運行の用に供してはならない。

解答と解説

H17-2-10

自動車の検査等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:初めて自動車検査証の交付を受ける車両総重量7,850キログラムの貨物運送の用に供する自動車については、自動車検査証の有効期間は2年である。

2:自動車の使用者は、自動車検査証の有効期間の満了後も当該自動車を使用しようとするときは、当該自動車を提示して、国土交通大臣の行う継続検査を受けなければならない。

3:自動車の使用者は、自動車検査証が滅失し、き損し又はその識別が困難となった場合には、再交付を受けることができる。

4:指定自動車整備事業者が交付した有効な保安基準適合標章を自動車に表示している場合であっても、自動車検査証を備え付けなければ、当該自動車を運行の用に供してはならない。

解答と解説

H17-2-11

自動車の定期点検整備等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:事業用自動車の定期点検整備は、国土交通省令で定める技術上の基準により3ヶ月ごとに実施しなければならない。

2:事業用自動車の使用者は、定期点検整備をしたときは、遅滞なく、点検整備記録簿に点検の結果、整備の概要等所定事項を記載して当該自動車に備え置き、その記載の日から1年間保存しなければならない。

3:新規登録を受けて1年以内の事業用自動車の日常点検は、自動車点検基準に基づく全ての点検箇所について、当該自動車の走行距離、運行時の状態等から判断して適切な時期に行うことで足りる。

4:事業用自動車の日常点検の結果に基づく運行の可否の決定は、整備管理者によって行われなければならない。

解答と解説

H17-2-12

道路運送車両の保安基準に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:貨物の運送の用に供する普通自動車であって車両総重量8トン以上又は最大積載量が5トン以上のものの原動機には、自動車が90キロメートル毎時を超えて走行しないよう燃料の供給を調整し、かつ、自動車の速度の制御を円滑に行うことができる速度制御装置を備えなければならない。

2:自動車に備える停止表示器材は、昼間150メートルの距離からその黄色のけい光を確認できるものでなければならない。

3:自動車の全面ガラス及び側面ガラス(告示で定める部分を除く。)には、道路運送車両の保安基準第29条(窓ガラス)に規定されたもの以外のものが装着され、はり付けられ、塗装され、又は刻印されていてはならない。

4:内燃機関を原動機とする自動車には、騒音の発生を有効に抑止することができるものとして、構造、騒音防止性能等に関し告示で定める基準に適合する消音器を備えなければならない。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H17第2回問題と解答・解説 > 道路運送車両法関係

Page Top

© 2011-2017 過去問.com