Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題3-35

予想問題3-35

第4類の危険物と適応消火剤等との組合せとして、正しいものはどれか。

1:水溶性液体用泡消火剤が適するもの-----アセトン、エチルメチルケトン

2:水による冷却が適するもの-----ガソリン、アセトン

3:二酸化炭素では効果がないもの-----ジエチルエーテル、ピリジン

4:棒状の水で消火できるもの-----ベンゼン、ジェット燃料油

5:霧状の強化液では効果がないもの-----アセトアルデヒド、エタノール

答:1

1:正しい。アセトンとエチルメチルケトンは水に溶けるため、水溶性液体用泡消火剤が適する。

2:誤り。ガソリンとアセトンは液比重が1より小さいため、注水すると火災の範囲を広げてしまうおそれがある。

3:誤り。ジエチルエーテルとピリジンには、二酸化炭素が適応する。

4:誤り。ベンゼンとジェット燃料油は液比重が1より小さいため、注水すると火災の範囲を広げてしまうおそれがある。

5:誤り。アセトアルデヒドとエタノールには、霧状の強化液が適応する。

スポンサーリンク

Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題3-35

Page Top

© 2011-2019 過去問.com