Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問4

R1保安管理技術-問4

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷媒について正しいものはどれか。

イ.アンモニアガスは空気より軽く、室内に漏えいした場合には、部屋の上方に滞留する。

ロ.R134aとR410Aは、ともに単一成分冷媒である。

ハ.非共沸混合冷媒は、圧力一定のもとで凝縮するとき、凝縮始めの冷媒温度(露点温度)と、凝縮終わりの冷媒温度(沸点温度)の間に差が生じる。

ニ.0℃における飽和圧力を標準沸点といい、冷媒の種類によって異なっている。

1:イ、ハ

2:イ、ニ

3:ロ、ハ

4:ロ、ニ

5:ハ、ニ

答:1

イ.正しい。アンモニアガスは空気より軽く、室内に漏えいした場合には、部屋の上方に滞留する。

ロ.誤り。R134aは単一成分冷媒であるが、R410Aは混合冷媒である。

ハ.正しい。非共沸混合冷媒は、圧力一定のもとで凝縮するとき、凝縮始めの冷媒温度(露点温度)と、凝縮終わりの冷媒温度(沸点温度)の間に差が生じる。

イ.誤り。飽和圧力が大気圧に等しいときの飽和温度を標準沸点といい、冷媒の種類によって異なっている。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問4

Page Top

© 2011-2020 過去問.com