Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問5

R1保安管理技術-問5

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、圧縮機について正しいものはどれか。

イ.圧縮機は、冷媒蒸気の圧縮の方法により、往復式、スクリュー式およびスクロール式に大別される。

ロ.多気筒圧縮機のアンローダと呼ばれる容量制御装置は、圧縮機始動時の負荷軽減装置としても機能する。

ハ.スクリュー圧縮機の容量制御をスライド弁で行う場合、スクリューの溝の数に応じた段階的な容量制御となり、無段階制御はできない。

ニ.停止中のフルオロカーボン用圧縮機クランクケース内の油温が低いと、冷凍機油に冷媒が溶け込む溶解量は大きくなり、圧縮機始動時にオイルフォーミングを起こしやすい。

1:イ、ロ

2:イ、ハ

3:ロ、ハ

4:ロ、ニ

5:イ、ハ、ニ

答:4

イ.誤り。圧縮機は、冷媒蒸気の圧縮の方法により、容積式と遠心式に大別される。

ロ.正しい。多気筒圧縮機のアンローダと呼ばれる容量制御装置は、圧縮機始動時の負荷軽減装置としても機能する。

ハ.誤り。スクリュー圧縮機の容量制御をスライド弁で行う場合、ある範囲内で無段階制御または段階制御が可能である。

ニ.正しい。停止中のフルオロカーボン用圧縮機クランクケース内の油温が低いと、冷凍機油に冷媒が溶け込む溶解量は大きくなり、圧縮機始動時にオイルフォーミングを起こしやすい。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > R1保安管理技術-問5

Page Top

© 2011-2020 過去問.com