Home > 保安管理技術(問1~問10) > H29保安管理技術-問10

H29保安管理技術-問10

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷媒配管について正しいものはどれか。

イ.高圧冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、膨張弁の冷媒流量が増加し、冷凍能力が増加する。

ロ.圧縮機吸込み蒸気配管の二重立ち上がり管は、冷媒液の戻り防止のために使用される。

ハ.吐出しガス配管の管径は、冷媒ガス中に混在している油が確実に運ばれるガス速度が確保できるように決定する。

ニ.横走り管は、原則として、冷媒の流れ方向に下り勾配を付け、不必要なUトラップ(U字状の配管)は付けない。

1:イ、ロ

2:イ、ハ

3:ロ、ハ

4:ロ、ニ

5:ハ、ニ

答:5

イ.誤り。高圧冷媒液配管内にフラッシュガスが発生すると、膨張弁の冷媒流量が減少し、冷凍能力が減少する。

ロ.誤り。圧縮機吸込み蒸気配管の二重立ち上がり管は、油戻しのために使用される。

ハ.正しい。吐出しガス配管の管径は、冷媒ガス中に混在している油が確実に運ばれるガス速度が確保できるように決定する。

ニ.正しい。横走り管は、原則として、冷媒の流れ方向に下り勾配を付け、不必要なUトラップ(U字状の配管)は付けない。

スポンサーリンク

Home > 保安管理技術(問1~問10) > H29保安管理技術-問10

Page Top

© 2011-2020 過去問.com