Home > H26前期問題と解答・解説 > 関係法令(有害業務)

スポンサーリンク

関係法令(有害業務)

H26前期-問1

ある製造業の事業場の労働者数及び有害業務等従事状況並びに産業医及び衛生管理者の選任の状況は、次の(1)~(3)のとおりである。この事業場の産業医及び衛生管理者の選任についての法令違反の状況に関する1~5の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)労働者数及び有害業務等従事状況
常時使用する労働者数は800人であり、このうち、深夜業を含む業務に400人が、多量の低温物体を取り扱う業務に30人が常時従事しているが、他に有害業務に従事している者はいない。

(2)産業医の選任の状況
選任している産業医数は1人である。この産業医は、この事業場に専属の者ではないが、産業医としての法令の要件を満たしている医師である。

(3)衛生管理者の選任の状況
選任している衛生管理者数は3人である。このうち1人は、この事業場に専属でない労働衛生コンサルタントで、衛生工学衛生管理者免許を有していない。他の2人は、この事業場に専属で、共に衛生管理者としての業務以外の業務を兼任しており、また、第一種衛生管理者免許を有しているが、衛生工学衛生管理者免許を有していない。

1:選任している産業医がこの事業場に専属でないことが違反である。

2:選任している衛生管理者数が少ないことが違反である。

3:衛生管理者として選任している労働衛生コンサルタントがこの事業場に専属でないことが違反である。

4:衛生工学衛生管理者免許を有する者のうちから選任した衛生管理者が1人もいないことが違反である。

5:専任の衛生管理者が1人もいないことが違反である。

解答と解説

H26前期-問2

労働安全衛生法に基づく技能講習を修了することによって取得できる資格は、次のうちどれか。

1:潜水士の資格

2:高圧室内作業主任者の資格

3:エックス線作業主任者の資格

4:石綿作業主任者の資格

5:ガンマ線透過写真撮影作業主任者の資格

解答と解説

H26前期-問3

次のAからDまでの作業について、法令上、作業主任者の選任が義務付けられているものの組合せは1~5のうちどれか。

A 飼料の貯蔵のために使用しているサイロの内部における作業

B セメント製造工程においてセメントを袋詰めする作業

C 製造工程において硫酸を用いて行う洗浄の作業

D 水深10m以上の場所における潜水の作業

1:A、B

2:A、C

3:A、D

4:B、C

5:C、D

解答と解説

H26前期-問4

次の装置のうち、法令上、定期自主検査の実施義務が規定されているものはどれか。

1:木工用丸のこ盤を使用する屋内の作業場所に設けた局所排気装置

2:塩酸を使用する屋内の作業場所に設けた局所排気装置

3:アーク溶接を行う屋内の作業場所に設けた全体換気装置

4:酢酸エチルを重量の5%を超えて含有する接着剤を製造する工程において、当該接着剤を容器に注入する屋内の作業場所に設けた局所排気装置

5:アンモニアを使用する屋内の作業場所に設けたプッシュプル型換気装置

解答と解説

H26前期-問5

次の作業環境測定を行うとき、法令上、作業環境測定士が測定を実施しなければならないものはどれか。

1:チッパーによりチップする業務を行い著しい騒音を発する屋内作業場における等価騒音レベルの測定

2:パルプ液を入れたことのある槽の内部において作業を行う場合の当該作業場における空気中の酸素及び硫化水素の濃度の測定

3:常時セメントを袋詰めする作業を行う屋内作業場における空気中の粉じん濃度の測定

4:溶融ガラスからガラス製品を成型する業務を行う屋内作業場における気温、湿度及びふく射熱の測定

5:炭酸ガス(二酸化炭素)が停滞するおそれのある坑内の作業場における空気中の炭酸ガス濃度の測定

解答と解説

H26前期-問6

特定化学物質の第一類物質に関する次の記述のうち、法令上、正しいものはどれか。

1:第一類物質は、「クロム酸及びその塩」を始めとする7種の発がん性の認められた化学物質並びにそれらを一定量以上含有する混合物である。

2:第一類物質を製造しようとする者は、あらかじめ、物質ごとに、かつ、当該物質を製造するプラントごとに厚生労働大臣の許可を受けなければならない。

3:第一類物質を容器に入れ、容器から取り出し、又は反応槽等へ投入する作業を行うときは、発散源を密閉する設備、外付け式フードの局所排気装置又はプッシュプル型換気装置を設けなければならない。

4:第一類物質を取り扱う屋内作業場についての作業環境測定結果及びその評価の記録を保存すべき期間は3年である。

5:第一類物質を取り扱う業務に常時従事する労働者に係る特定化学物質健康診断個人票を保存すべき期間は5年である。

解答と解説

H26前期-問7

有機溶剤中毒予防規則に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、同規則に定める適用除外及び設備の特例はないものとする。

1:有機溶剤含有物とは、有機溶剤と有機溶剤以外の物との混合物で、有機溶剤を当該混合物の重量の10%を超えて含有するものをいう。

2:第一種有機溶剤等であるトリクロルエチレンを総重量の4%、第二種有機溶剤等であるキシレンを総重量の8%含有し、残りは有機溶剤以外の物から成る混合物は、第二種有機溶剤等に区分される。

3:有機溶剤等の区分を色分けにより表示するとき、第二種有機溶剤等については、黄色で行わなければならない。

4:有機溶剤等を入れてあった空容器で有機溶剤の蒸気が発散するおそれのあるものについては、密閉するか、又は屋外の一定の場所に集積しておかなければならない。

5:有機溶剤等を入れたことのあるタンクで有機溶剤の蒸気が発散するおそれのあるものの内部における業務に労働者を従事させるときは、当該労働者に送気マスクを使用させなければならない。

解答と解説

H26前期-問8

次の粉じん作業のうち、法令上、特定粉じん作業に該当するものはどれか。

1:屋内のガラスを製造する工程において、原料を溶解炉に投げ入れる作業

2:耐火物を用いた炉を解体する作業

3:屋内において、研ま材を用いて手持式動力工具により金属を研まする箇所における作業

4:屋内において、セメントを袋詰めする箇所における作業

5:タンクの内部において、金属をアーク溶接する作業

解答と解説

H26前期-問9

電離放射線障害防止規則に基づく管理区域に関する次の文中の[  ]内に入れるAからCの語句又は数値の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「(1)管理区域とは、外部放射線による実効線量と空気中の放射性物質による実効線量との合計が[ A ]間につき[ B ]を超えるおそれのある区域又は放射性物質の表面密度が法令に定める表面汚染に関する限度の10分の1を超えるおそれのある区域をいう。
(2) (1)の外部放射線による実効線量の算定は、[ C ]線量当量によって行う。」

1:A=1か月 B=1.3mSv C=70μm

2:A=3か月 B=1.3mSv C=70μm

3:A=3か月 B=1.3mSv C=1cm

4:A=1か月 B=5mSv C=1cm

5:A=3か月 B=5mSv C=70μm

解答と解説

H26前期-問10

労働基準法に基づく時間外労働に関する協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出る場合においても、労働時間の延長が1日2時間を超えてはならない業務は次のうちどれか。

1:給湿を行う紡績又は織布の業務

2:ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務

3:大部分の労働時間が立作業である業務

4:病原体によって汚染された物を取り扱う業務

5:受注、予約等の拘束型のVDT作業の業務

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H26前期問題と解答・解説 > 関係法令(有害業務)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com