Home > H22前期問題と解答・解説 > 労働生理

スポンサーリンク

労働生理

H22前期-問35

感覚又は感覚器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:眼の網膜には、明るい所で働き色を感じる錐状体と、暗い所で働き弱い光を感じる杆状体の二種類の視細胞がある。

2:嗅覚と味覚は、化学感覚ともいわれ、物質の化学的性質を認知する感覚である。

3:内耳は、聴覚と平衡感覚をつかさどる器官である。

4:深部感覚は、筋肉や腱等の受容器から得られる身体各部の位置や運動等の感覚である。

5:皮膚感覚の基本的なものは触覚、痛覚、温度感覚(温覚・冷覚)で、これらのうち冷覚を生じる冷覚点の密度が最も大きい。

解答と解説

H22前期-問36

心臓の働きと血液の循環に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:心臓は、自律神経の中枢で発生した刺激が刺激伝導系を介して心筋に伝わることにより、規則正しく収縮と拡張を繰り返す。

2:体循環とは、左心室から大動脈に入り、静脈血となって右心房に戻ってくる血液の循環をいう。

3:肺循環とは、右心室から肺動脈を経て肺の毛細血管に入り、肺静脈を通って左心房に戻る血液の循環をいう。

4:大動脈及び肺静脈を流れる血液は、酸素に富む動脈血である。

5:心臓自体は、大動脈の起始部より出る冠状動脈によって酸素や栄養素の供給を受けている。

解答と解説

H22前期-問37

呼吸に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:呼吸運動は、気管と胸膜の協調運動によって、胸郭内容積を周期的に増減させて行われる。

2:胸郭内容積が増し、その内圧が低くなるにつれ、鼻腔や気道を経て肺内へ流れ込む空気が吸気である。

3:呼吸により血液中に取り込まれた酸素は、赤血球中のヘモグロビンと結合して全身の組織に運ばれる。

4:呼吸に関与する筋肉は、延髄にある呼吸中枢によって支配されている。

5:呼吸中枢がその興奮性を維持するためには、常に一定量以上の二酸化炭素が血液中に含まれていることが必要である。

解答と解説

H22前期-問38

筋肉に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:筋肉は、神経から送られてくる刺激によって収縮するが、神経に比べて疲労しやすい。

2:筋肉は、収縮しようとする瞬間に最も大きい力を出す。

3:筋肉中のグリコーゲンは、酸素が十分に供給されると完全に分解され、最後に乳酸になる。

4:筋肉の収縮様式のうち、筋肉の長さは変わらないが、筋力の発生があるものを等尺性収縮という。

5:運動することによって筋肉が太くなることを筋肉の活動性肥大という。

解答と解説

H22前期-問39

神経系に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:中枢神経系には脳と脊髄が、末梢神経系には体性神経と自律神経がある。

2:体性神経には感覚器官からの刺激の興奮を中枢に伝える感覚神経と、中枢からの命令を運動器官に伝える運動神経がある。

3:自律神経系は、内臓、血管、腺などの不随意筋に分布している。

4:自律神経である交感神経と副交感神経は、同一器官に分布していても、その作用はほぼ正反対である。

5:大脳の内側の髄質は、中枢としての働きを行う部分で、感覚、運動、思考等の作用を支配する。

解答と解説

H22前期-問40

栄養素の消化及び吸収に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:食物中の糖質、蛋白質、脂肪は、消化管を通過する間に分解され、吸収可能な形に変えられる。

2:食物中の糖質は、酵素によりブドウ糖などに分解され、腸壁から吸収される。

3:食物中の蛋白質は、酵素によりアミノ酸に分解され、腸壁から吸収される。

4:食物中の脂肪は、十二指腸で胆汁と混合して乳化された後、酵素により脂肪酸とグリセリンに分解され、腸壁から吸収される。

5:無機塩、ビタミン類は、酵素により分解されて、吸収可能な形になり、腸壁から吸収される。

解答と解説

H22前期-問41

肥満の程度を評価するための指標として用いられるBMIの値を算出する式として、正しいものは次のうちどれか。
ただし、Wは体重(kg)、Hは身長(m)とする。

1:H/W

2:W/H

3:W/100(H-1)

4:H/W2

5:W/H2

解答と解説

H22前期-問42

エネルギー代謝率(RMR)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:ある作業について、作業時間中の総消費エネルギー量を基礎代謝量で割った値が、エネルギー代謝率である。

2:作業を行わず、ただじっと座っているだけの場合のエネルギー代謝率は、1.2である。

3:エネルギー代謝率は、動的筋作業の強度を表す指標として有用である。

4:エネルギー代謝率は、一定時間中に体内で消費された酸素と排出された二酸化炭素との容積比で表すことができる。

5:エネルギー代謝率で表した作業強度は、性、年齢、体格によって大きな開きがある。

解答と解説

H22前期-問43

ストレスに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:外部からの刺激すなわちストレッサーは、その強弱にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を抑圧することになる。

2:ストレスに伴う心身の反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。

3:昇進や昇格、転勤、配置替えなどがストレスの原因となることがある。

4:職場環境の騒音、気温、湿度、悪臭などがストレスの原因となることがある。

5:ストレスにより、高血圧症、狭心症、十二指腸潰瘍などの疾患を招くことがある。

解答と解説

H22前期-問44

体温調節に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:寒冷にさらされ体温が正常以下になると、皮膚の血管が拡張して血流量を増し、皮膚温を上昇させる。

2:高温にさらされ、体温が正常以上に上昇すると、内臓の血流量が増加し体内の代謝活動が亢進することにより、人体からの放熱が促進される。

3:体温調節のように、外部環境が変化しても身体内部の状態を一定に保とうとする生体の仕組みを恒常性(ホメオスタシス)といい、主に神経系と内分泌系により調節されている。

4:体温調節中枢は、小脳にあり、産熱と放熱とのバランスを維持し体温を一定に保つよう機能している。

5:発汗していない状態でも皮膚及び呼吸器から若干の水分の蒸発がみられるが、この不感蒸泄に伴う放熱は全放熱量の10%以下である。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H22前期問題と解答・解説 > 労働生理

Page Top

© 2011-2017 過去問.com