Home > H20後期問題と解答・解説 > 労働生理

スポンサーリンク

労働生理

H20後期-問35

呼吸等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:呼吸運動は、主として呼吸筋と横隔膜の協調運動によって行われる。

2:胸郭内容積が増し、内圧が低くなるにつれ、鼻腔や気道を経て肺内へ流れ込む空気が吸気である。

3:肺胞内の空気と肺胞を取り巻く毛細血管中の血液との間で行われる呼吸を内呼吸という。

4:呼吸に関与する筋肉は、延髄にある呼吸中枢によって支配されている。

5:呼吸中枢がその興奮性を維持するためには、常に一定量以上の二酸化炭素が血液中に含まれていることが必要である。

解答と解説

H20後期-問36

筋肉に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:筋肉は、神経から送られてくる刺激によって収縮するが、神経に比べて疲労しやすい。

2:筋収縮の直接のエネルギーは、筋肉中のアデノシン三りん酸(ATP)が分解することによってまかなわれる。

3:筋肉の収縮時に酸素の供給が不足しているとき、筋肉に存在するグリコーゲンは、水と二酸化炭素にまで分解されず乳酸になる。

4:筋肉が引き上げることのできる物の重さは、筋線維の長さに比例する。

5:筋肉自体が収縮して出す最大筋力は、筋肉の断面積1cm2当たりの平均値をとると、性差がほとんどない。

解答と解説

H20後期-問37

心臓の働きと血液の循環に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:心筋は不随意筋であるが、横紋筋である。

2:体循環とは、左心室から大動脈に入り、静脈血となって右心房に戻ってくる血液の循環をいう。

3:肺を除く各組織の毛細血管を通過する血液の流れは、体循環の一部である。

4:肺循環とは、右心室から肺動脈を経て肺の毛細血管に入り、肺静脈を通って左心房に戻る血液の循環をいう。

5:大動脈及び肺動脈を流れる血液は、酸素に富む動脈血である。

解答と解説

H20後期-問38

感覚又は感覚器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:眼球の長軸が短過ぎるために、平行光線が網膜の後方で像を結ぶものを遠視眼という。

2:嗅覚と味覚は化学感覚ともいわれ、物質の化学的性質を認知する感覚である。

3:温度感覚は、一般に温覚の方が冷覚よりも鋭敏である。

4:深部感覚は、筋肉や腱等身体深部にある受容器から得られる身体各部の位置や運動等の感覚である。

5:内耳は、聴覚と平衡感覚をつかさどる器官である。

解答と解説

H20後期-問39

神経系に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:中枢神経系には脳と脊髄が、末梢神経系には体性神経と自律神経がある。

2:体性神経は、運動と感覚に関与し、自律神経は、呼吸、循環などに関与する。

3:大脳の内側の髄質は灰白質であり、感覚、運動、思考等の作用を支配する中枢としての働きを行う。

4:自律神経系は、内臓、血管、腺などの不随意筋に分布している。

5:交感神経と副交感神経は、同一器官に分布していても、その作用はほぼ正反対である。

解答と解説

H20後期-問40

体温調節に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:寒冷にさらされ体温が正常以下になると、皮膚の血管が拡張して血流量を増し、皮膚温を上昇させる。

2:高温にさらされ、体温が正常以上に上昇すると、内臓の血流量が増加し体内の代謝活動が亢進することにより、人体からの放熱が促進される。

3:体温調節中枢は、間脳の視床下部にあり、産熱と放熱とのバランスを維持し、体温を一定に保つよう機能している。

4:発汗量が著しく多いときは、体内の水分が減少し血液中の塩分濃度が増加するため、痙攣を起こすことがあるので、十分な水分補給が必要である。

5:発汗していない状態でも皮膚及び呼吸器から若干の水分の蒸発がみられるが、これに伴う放熱は全放熱量の10%以下である。

解答と解説

H20後期-問41

血液に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:血漿中には、アルブミン、グロブリンなどの蛋白質が含まれている。

2:血液の凝集反応とは、白血球中の凝集原と血小板中の凝集素との間の反応である。

3:血小板は、体内に侵入してきた細菌その他の異物を取り込み、消化する働きがある。

4:血液の容積に対する血小板の相対的容積をヘマトクリットという。

5:赤血球の寿命は、白血球に比べて極めて短く、約3~4日である。

解答と解説

H20後期-問42

肝臓の機能として、誤っているものは次のうちどれか。

1:脂肪を分解する酵素であるペプシンを分泌する。

2:脂肪酸を分解したり、コレステロールを合成する。

3:余分なアミノ酸を分解して尿素にする。

4:血液中の有害物質を分解したり、無害の物質に変える。

5:門脈血に含まれるブドウ糖をグリコーゲンに変えて蓄え、血液中のブドウ糖が不足すると、グリコーゲンをブドウ糖に分解して血液中に送り出す。

解答と解説

H20後期-問43

代謝に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:基礎代謝量は、睡眠中の測定値で表される。

2:同性、同年齢の場合、基礎代謝量は体表面積にほぼ正比例する。

3:エネルギー代謝率とは、体内で一定時間中に消費された酸素と排出された二酸化炭素の容積比である。

4:作業は何もせず、ただじっと座って安静にしているときのエネルギー代謝率は、1.2である。

5:精神的作業のエネルギー代謝率は、作業内容によってかなり異なる。

解答と解説

H20後期-問44

ストレスに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:外部からの刺激すなわちストレッサーは、その強弱や質にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を抑圧することになる。

2:ストレスに伴う心身の反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。

3:昇進や昇格がストレスの原因となることがある。

4:ストレスにより、発汗、手足の震えなど自律神経系の障害が生じることがある。

5:ストレスにより、高血圧症、狭心症、十二指腸潰瘍などの疾患が発生することがある。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H20後期問題と解答・解説 > 労働生理

Page Top

© 2011-2017 過去問.com