Home > H20後期問題と解答・解説 > 関係法令(有害業務)

スポンサーリンク

関係法令(有害業務)

H20後期-問1

次の作業とこれを規制している労働衛生関係規則との組合せとして、誤っているものはどれか。

1:クロムメッキを行う作業-----特定化学物質障害予防規則

2:弗化水素を取り扱う作業-----有機溶剤中毒予防規則

3:荷電粒子を加速する装置を使用する作業-----電離放射線障害防止規則

4:バナナの熟成室における作業-----酸素欠乏症等防止規則

5:鋳物をグラインダーで研磨する作業-----粉じん障害防止規則

解答と解説

H20後期-問2

法令に基づき定期に行う作業環境測定と測定頻度との組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:放射性物質取扱作業室における空気中の放射性物質の濃度の測定-----1月以内ごとに1回

2:暑熱、寒冷又は多湿の屋内作業場における気温及び湿度の測定-----2月以内ごとに1回

3:著しい騒音を発する屋内作業場における等価騒音レベルの測定-----6月以内ごとに1回

4:特定粉じん作業を常時行う屋内作業場における空気中の粉じんの濃度の測定-----6月以内ごとに1回

5:鉛ライニングの業務を行う屋内作業場における空気中の鉛の濃度の測定-----1年以内ごとに1回

解答と解説

H20後期-問3

定期自主検査を行うべき設備又は装置と法令で定められたその検査頻度との組合せとして、正しいものは次のうちどれか。

1:透過写真撮影用ガンマ線照射装置-----2月以内ごとに1回

2:トルエンを取り扱う屋内の作業場所に設けた局所排気装置-----1年以内ごとに1回

3:コールタールを取り扱う特定化学設備-----1年以内ごとに1回

4:粉状の酸化チタンを袋詰めする屋内の作業場所に設けた局所排気装置-----2年以内ごとに1回

5:鉛ライニングを施した物の溶接、溶断等を行う屋内の作業場所に設けたプッシュプル型換気装置-----6月以内ごとに1回

解答と解説

H20後期-問4

厚生労働大臣が定める規格を具備しなければ、譲渡し、貸与し、又は設置してはならない機械等に該当しないものは、次のうちどれか。

1:ろ過材及び面体を有する防じんマスク

2:潜水器

3:アンモニア用防毒マスク

4:防振手袋

5:排気量40cm3以上の内燃機関を内蔵するチェーンソー

解答と解説

H20後期-問5

特定の有害業務に従事した者で、一定の要件に該当する者は、離職の際に又は離職の後に、法令に基づく健康管理手帳の交付対象となるが、次のうち交付対象とならないものはどれか。

1:石綿を取り扱う業務に従事したことがあり、両肺野に石綿による不整形陰影がある者

2:ベリリウムを製造する業務に従事したことがあり、両肺野にベリリウムによるび慢性の結節性陰影がある者

3:ベンジジンを取り扱う業務に3月以上従事した者

4:シアン化水素を取り扱う業務に3年以上従事した者

5:コークス炉に接して、コークスを製造する業務に5年以上従事した者

解答と解説

H20後期-問6

労働安全衛生規則に基づく衛生基準に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:著しく暑熱又は寒冷の作業場においては、作業場内に休憩の設備を設けなければならない。

2:強烈な騒音を発する屋内作業場においては、その伝ぱを防ぐため、隔壁を設ける等必要な措置を講じなければならない。

3:炭酸ガス(二酸化炭素)濃度が1.5%を超える場所には、関係者以外の者が立ち入ることを禁止しなければならない。

4:坑の内部その他の場所で、自然換気が不十分なところにおいては、排気ガス除去のための換気対策なしに、内燃機関を有する機械を使用してはならない。

5:備え付けが義務付けられている保護具については、同時に就業する労働者数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない。

解答と解説

H20後期-問7

有機溶剤業務を行う場合の措置について、法令に違反しているものは次のうちどれか。

1:地下室の内部で第一種有機溶剤等を用いて洗浄作業を行わせるとき、その作業場所に局所排気装置を設け稼働させているが、作業に従事する労働者に送気マスクも有機ガス用防毒マスクも使用させていない。

2:地下室の内部で第二種有機溶剤等を用いて払拭作業を行わせるとき、その作業場所にプッシュプル型換気装置を設けているが、作業に従事する労働者に送気マスクも有機ガス用防毒マスクも使用させていない。

3:屋内作業場の製造工程において、第三種有機溶剤等を用いて、製品の塗装作業を行わせるとき、有機溶剤作業主任者を選任していない。

4:屋内作業場に設けた、空気清浄装置のない局所排気装置の排気口の高さを、屋根から2mとしている。

5:有機溶剤等を入れてあった空容器の処理として、有機溶剤の蒸気が発散するおそれのある空容器を、屋外の一定の場所に集積している。

解答と解説

H20後期-問8

特定化学物質障害予防規則に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:第一類物質又は第二類物質を製造しようとする者は、あらかじめ所轄都道府県労働局長の許可を受けなければならない。

2:第一類物質又は第二類物質を製造し、又は取り扱う作業場においては、労働者が喫煙し、又は飲食することを禁止し、かつ、その旨を作業場の見やすい箇所に表示しなければならない。

3:硫化水素を含有する気体を排出する製造設備の排気筒には、吸収方式若しくは酸化・還元方式又はこれらと同等以上の性能を有する排ガス処理装置を設けなければならない。

4:シアン化ナトリウムを含有する排液については、酸化・還元方式若しくは活性汚泥方式又はこれらと同等以上の性能を有する排液処理装置を設けなければならない。

5:特別管理物質を製造し、又は取り扱う作業場において常時作業に従事する労働者については、1月を超えない期間ごとに作業に関する一定の事項を記録し、30年間保存するものとされている。

解答と解説

H20後期-問9

次の業務に労働者を従事させるとき、法令に基づく安全又は衛生のための特別の教育を行わなければならないものはどれか。

1:赤外線又は紫外線にさらされる業務

2:有機溶剤等を用いて行う接着の業務

3:ボンベからの給気を受けて行う潜水業務

4:酸素欠乏危険場所における作業に係る業務

5:削岩機、チッピングハンマー等チェーンソー以外の振動工具を取り扱う業務

解答と解説

H20後期-問10

労働基準法に基づく時間外労働に関する協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出る場合においても、労働時間の延長が1日2時間を超えてはならない業務は、次のうちどれか。

1:湿潤な場所における業務

2:病原体によって汚染された物を取り扱う業務

3:多量の低温物体を取り扱う業務

4:大部分の労働時間が立作業である業務

5:穀物又は飼料の貯蔵のために使用している倉庫の内部における業務

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H20後期問題と解答・解説 > 関係法令(有害業務)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com