Home > H19前期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

スポンサーリンク

労働衛生(有害業務)

H19前期-問11

職業性疾病に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:炉前作業やガラス加工作業では、赤外線により、白内障が発生することがある。

2:アーク溶接作業では、紫外線により、電光性眼炎が発生することがある。

3:放射性物質を取り扱う作業では、電離放射線の被ばくにより、造血器障害が発生することがある。

4:潜水作業では、潜降時の急激な加圧により、皮膚のかゆみ、関節痛などの症状を呈す潜水病が発生することがある。

5:低温下の作業で、全身が冷やされ体内温度が低下したとき、意識消失、筋の硬直などの症状を示す低体温症が発生することがある。

解答と解説

H19前期-問12

金属による健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:マンガン中毒では、甲状腺障害の他、門歯・犬歯の黄色環がみられる。

2:鉛中毒では、貧血、末梢神経障害、腹部の疝痛などがみられる。

3:クロムによる慢性中毒では、鼻中隔穿孔や皮膚障害がみられる。

4:金属水銀中毒では、手指の震え、感情不安定などの症状がみられる。

5:カドミウムによる急性中毒では上気道炎や肺炎、慢性中毒では肺気腫や腎障害がみられる。

解答と解説

H19前期-問13

作業環境測定結果の評価に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:管理濃度は、個々の労働者の有害物質へのばく露限界として設定されたものである。

2:A測定は、単位作業場所における有害物質の気中濃度の平均的な分布を知るために行う測定である。

3:A測定の第一評価値及びB測定の測定値がいずれも管理濃度に満たない場合は、第一管理区分となる。

4:A測定の第二評価値が管理濃度を超えている場合は、第三管理区分となる。

5:B測定の測定値が管理濃度の1.5倍を超えている場合は、第三管理区分となる。

解答と解説

H19前期-問14

特殊健康診断に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:特殊健康診断において適切な健診デザインを行うためには、作業内容と有害要因へのばく露状況を把握する必要がある。

2:有害業務への配置替えの際に行う特殊健康診断には、業務適性の判断と、その後の業務の影響を調べるための基礎資料を得るという目的がある。

3:健診項目として、有害物の体内摂取量を把握したり、有害物による軽度の影響を把握するための生物学的モニタリングによる検査が含まれているものがある。

4:有機溶剤等健康診断における尿の採取は、任意の時期に行ってよいが、鉛は生物学的半減期が短いので、鉛健康診断における尿又は血液の採取時期は、厳重にチェックする必要がある。

5:振動工具取扱い作業者に対する特殊健康診断を1年に2回実施する場合、そのうち1回は冬期に行うとよい。

解答と解説

H19前期-問15

有害物質を発散する作業場の環境改善に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:粉じんを発散する作業工程では、湿式化を検討する。

2:局所排気装置を設置する場合は、ダクトが細すぎると搬送速度が不足し、太すぎると圧力損失が増大することを考慮して、ダクト径を設計する。

3:局所排気装置を設置する場合は、排気量に見合った給気経路を確保する。

4:空気清浄装置を設けた局所排気装置を設置する場合は、排風機を清浄後の空気が通る位置に設けるようにする。

5:有害物を取り扱う装置を構造上又は作業上の理由で完全に密閉できない場合は、装置内の圧力を外気よりわずかに低くする。

解答と解説

H19前期-問16

有害物質とその常温、常圧の空気中における状態との組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:ホルムアルデヒド-----ガス

2:アセトン-----蒸気

3:硫酸ジメチル-----粉じん

4:酸化鉛-----ヒューム

5:硝酸-----ミスト

解答と解説

H19前期-問17

騒音及びその障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:騒音性難聴は、初期には気がつかないことが多い。

2:騒音性難聴による聴力低下は、4000Hz付近から始まるため、この聴力低下の型をC5dipという。

3:騒音性難聴は、騒音により内耳の前庭や半規管の機能に障害を受けたことにより生じる。

4:騒音は、自律神経系や内分泌系へも影響を与えるため、騒音ばく露により、交感神経の緊張や副腎皮質ホルモンの分泌の増加が認められることがある。

5:等価騒音レベルは、変動する騒音に対する人間の生理・心理的反応とよく対応するため、作業環境における騒音の大きさを表すのに広く用いられる。

解答と解説

H19前期-問18

熱中症の一つとされる障害で、暑熱な環境下で多量に発汗したとき、水分だけが補給され塩分の補給が不十分な場合に生じるものは、次のうちどれか。

1:熱射病

2:熱虚脱

3:熱痙攣

4:熱疲労

5:金属熱

解答と解説

H19前期-問19

呼吸用保護具に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:防じんマスク及び防毒マスクは、酸素濃度が18%未満の場所では使用してはならない。

2:防じんマスクは、ヒュームに対しては効果がない。

3:有機ガス用防毒マスクの吸収缶の色は黒色である。

4:一酸化炭素用防毒マスクの吸収缶の色は赤色である。

5:高濃度の有害ガスが存在する場合は、防毒マスクは短時間しか有効でないので、送気マスクか自給式呼吸器を使用する。

解答と解説

H19前期-問20

局所排気装置に取り付ける次の型式のフードのうち、一般に最も吸引効果の高いものはどれか。

1:外付け式上方吸引型

2:外付け式側方吸引型

3:囲い式カバー型

4:囲い式建築ブース型

5:囲い式ドラフトチェンバー型

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H19前期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com