Home > H18後期問題と解答・解説 > 関係法令(有害業務)

スポンサーリンク

関係法令(有害業務)

H18後期-問1

次の作業とこれを規制している労働衛生関係法規との組合せとして、誤っているものはどれか。

1:荷電粒子を加速する装置を使用する作業-----電離放射線障害防止規則

2:自然換気が不十分な場所におけるはんだ付けの作業-----鉛中毒予防規則

3:クロムメッキを行う作業-----特定化学物質障害予防規則

4:弗化水素を取り扱う作業-----有機溶剤中毒予防規則

5:鋳物をグラインダーで研磨する作業-----粉じん障害防止規則

解答と解説

H18後期-問2

次の作業のうち、法令上、作業主任者の選任が義務づけられていないものはどれか。

1:金属製品製造工程において硫酸を取り扱う作業

2:コールタールを製造する作業

3:レーザー光線により金属を加工する作業

4:圧気工法により大気圧を超える気圧下の作業室において行う作業

5:屋内作業場のメタノール製造工程においてメタノールを容器に注入する作業

解答と解説

H18後期-問3

次の作業場のうち、法令に基づく作業環境測定の対象とされていないものはどれか。

1:アンモニアを取り扱う作業を行う屋内作業場

2:溶融ガラスからガラス製品を成型する業務を行う屋内作業場

3:鋲打ち機、はつり機等圧縮空気により駆動される機械又は器具を取り扱う屋内作業場

4:陶磁器を製造する工程において、原料を混合する作業を行う屋内作業場

5:放射線業務を行う作業場のうち管理区域に該当する部分

解答と解説

H18後期-問4

酸素欠乏症等防止規則に基づく措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:第一種酸素欠乏危険作業を行う場合は、その日の作業を開始する前に、その作業場における空気中の酸素濃度を測定しなければならない。

2:第二種酸素欠乏危険作業に労働者を従事させる場合は、当該作業を行う場所の空気中の酸素の濃度を18%以上、かつ、硫化水素の濃度を100万分の50以下に保つように換気しなければならない。

3:酸素欠乏危険作業を行う場所の換気を行うときは、純酸素を使用してはならない。

4:第二種酸素欠乏危険作業については、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習を修了した者のうちから、酸素欠乏危険作業主任者を選任しなければならない。

5:酸素欠乏危険作業に労働者を従事させるときは、常時作業の状況を監視し、異常があったときに直ちに関係者に通報する者を置く等異常を早期に把握するために必要な措置を講じなければならない。

解答と解説

H18後期-問5

特定化学物質障害予防規則に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:第一類物質を製造しようとするときは、あらかじめ厚生労働大臣の許可を受けなければならない。

2:第一類物質又は第二類物質を製造し、又は取り扱う業務に常時従事する労働者に対しては、1年以内ごとに1回、定期に、特別の項目による健康診断を行わなければならない。

3:特定化学物質作業主任者の職務には、局所排気装置等を1月を超えない期間ごとに点検することがある。

4:特別管理物質を製造し、又は取り扱う作業場においては、常時作業に従事する労働者について、1月を超えない期間ごとに作業に関する一定の事項を記録し、30年間保存するものとされている。

5:この規則の規定に基づき設置した排液処理装置については、1年以内ごとに1回、定期に、法定の事項について、自主検査を行わなければならない。

解答と解説

H18後期-問6

特定の業務とそれに従事する労働者に対して行う特別の健康診断の項目の一部との組合せとして、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:鉛業務-----皮膚の検査

2:潜水業務-----鼓膜及び聴力の検査

3:放射線業務-----白血球数及び白血球百分率の検査

4:有機溶剤業務-----尿中の蛋白の有無の検査

5:高圧室内業務-----肺活量の測定

解答と解説

H18後期-問7

衛生基準に関する措置として、労働安全衛生規則に定められていないものは次のうちどれか。

1:坑内の気温は、原則として37℃以下にしなければならない。

2:坑の内部その他の場所で、自然換気が不十分なところにおいては、排気ガス除去のための換気対策なしに、内燃機関を有する機械を使用してはならない。

3:等価騒音レベルが85dBを超える場所には、関係者以外の者が立ち入ることを禁止しなければならない。

4:炭酸ガス(二酸化炭素)濃度が1.5%を超える場所には、関係者以外の者が立ち入ることを禁止しなければならない。

5:著しく暑熱又は寒冷の作業場においては、原則として休憩の設備を作業場外に設けなければならない。

解答と解説

H18後期-問8

次の化学物質のうち、労働安全衛生法により、製造し、輸入し、譲渡し、提供し、又は使用することが禁止されているものはどれか。

1:三酸化砒素

2:クロム酸及びその塩

3:ベリリウム及びその化合物

4:ジクロルベンジジン及びその塩

5:ベータ-ナフチルアミン及びその塩

解答と解説

H18後期-問9

特定の有害業務に従事した者で、離職の際に又は離職の後に法令に基づく健康管理手帳の交付対象となるものは、次のうちどれか。

1:粉じん作業に10年以上従事し、じん肺管理区分が管理一である者

2:硝酸を取り扱う業務に7年以上従事した者

3:ベンゼンを取り扱う業務に5年以上従事した者

4:塩化ビニルを重合する業務に4年以上従事した者

5:シアン化水素を取り扱う業務に3年以上従事した者

解答と解説

H18後期-問10

労働基準法に基づく時間外労働に関する協定を締結し行政官庁への届け出を行うとき、延長する労働時間が1日について2時間以内に制限されない業務は、次のうちどれか。

1:著しく暑熱な場所における業務

2:重量物の取扱い等重激なる業務

3:病原体によって汚染のおそれのある業務

4:ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務

5:土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H18後期問題と解答・解説 > 関係法令(有害業務)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com