Home > H18前期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

スポンサーリンク

労働衛生(有害業務)

H18前期-問11

職業性疾病に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:潜水業務における減圧症は、浮上後に発症しやすい。

2:騒音性難聴では、通常の会話音より高い音から聞こえにくくなる。

3:振動障害の特徴的な症状の一つであるレイノー現象(白指発作)は、冬期に現れやすい。

4:凍傷とは、0℃以下の寒冷による組織の凍結壊死をいう。

5:金属熱は、金属を溶解する作業などに長時間従事した際に、高温により体温調節機能が障害を受けたために起こる。

解答と解説

H18前期-問12

金属による中毒に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:鉛中毒の症状には、貧血、末梢神経障害、腹部の疝痛がある。

2:金属水銀中毒の症状には、骨軟化症、鼻中隔穿孔がある。

3:マンガン中毒の症状には、指の骨の溶解、肝臓の血管肉腫がある。

4:クロムによる慢性中毒の症状には、皮膚の黒皮症や角化症、末梢神経障害がある。

5:カドミウムの標的臓器は脳で、慢性中毒の症状には、筋のこわばり、歩行困難などの神経症状がある。

解答と解説

H18前期-問13

特殊健康診断に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:適切な健診デザインを行うためには、作業内容と有害要因へのばく露状況を把握する必要がある。

2:有害業務への配置替えの際に行う特殊健康診断には、業務適性の判断と、その後の業務の影響を調べるための基礎資料を得るという目的がある。

3:鉛健康診断や有機溶剤等健康診断においては、有害物の体内摂取量を把握するため、血中や尿中の代謝物等の量の検査を行う。

4:特殊健康診断における尿の採取時期については、有機溶剤等健康診断では、作業期間中の任意の時期でよいが、鉛健康診断では、鉛の生物学的半減期が短いため、厳重にチェックする必要がある。

5:振動工具取扱い作業者に対する特殊健康診断を1年に2回実施する場合、そのうち1回は冬期に行うとよい。

解答と解説

H18前期-問14

粉じんによる健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:じん肺は、粉じんを吸入することによって肺に生じた線維増殖性変化を主体とする疾病である。

2:じん肺は、ある程度進行すると、粉じんばく露を中止しても肺に生じた変化は治らず、さらに進行する性質がある。

3:じん肺は、肺結核を合併することがある。

4:けい肺は、鉄、アルミニウムなどの金属粉じんを吸入することによって発症するじん肺である。

5:石綿粉じんは、肺がんや中皮腫を起こすおそれがある。

解答と解説

H18前期-問15

作業環境測定結果の評価に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:管理濃度は、個々の労働者の有害物質へのばく露限界として設定されたものである。

2:A測定は、単位作業場所における有害物質の気中濃度の平均的な分布を知るために行う測定である。

3:A測定の第一評価値及びB測定の測定値がいずれも管理濃度に満たない場合は、第一管理区分となる。

4:第一管理区分と評価された作業場は、管理状態が良好と考えられるので、その状態を維持するように努めなければならない。

5:B測定の測定値が管理濃度の1.5倍を超えている場合は、必ず第三管理区分となる。

解答と解説

H18前期-問16

有害因子へのばく露を少なくするための作業環境改善手法として、適切なものは次のうちどれか。

1:ビル建設の基礎工事で、騒音と振動を少なくするため、アースオーガーをドロップハンマー式杭打機に切り替える。

2:製缶工場で、騒音を減少させるため、鋼板の打出しに使う合成樹脂製のハンマーの頭を鋼製のものに替える。

3:プレス機による騒音と振動の伝ぱを防止するため、機械と基礎との間に金属板を敷く。

4:床に堆積した粉じんを除去するため、ほうきで掃除する。

5:放射線ばく露を低減させるため、ガンマ線源と労働者の間の鉄製の遮へい材を同厚の鉛製のものに替える。

解答と解説

H18前期-問17

有害物質とその常温・常圧の空気中における状態との組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:塩素-----ガス

2:アセトン-----蒸気

3:硝酸-----ミスト

4:酸化鉛-----ヒューム

5:硫酸ジメチル-----粉じん

解答と解説

H18前期-問18

有害光線又は電離放射線に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:紫外線は、可視光線より波長の短い電磁波で、皮膚がんを起こすことがある。

2:赤外線は、可視光線より波長の長い電磁波で、白内障を起こすことがある。

3:マイクロ波は、赤外線より波長の長い電磁波で、組織壊死を起こすことがある。

4:レーザー光線は、赤外域から紫外域の領域で位相の異なる複雑な波長を有し、皮膚や眼の障害を起こすことがある。

5:電離放射線は、発がんや遺伝的影響を起こすことがある。

解答と解説

H18前期-問19

呼吸用保護具に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:防じんマスク及び防毒マスクは、酸素濃度が18%未満の場所では使用してはならない。

2:防じんマスクは、ヒュームに対しては無効である。

3:防じんマスクの手入れの際、ろ過材に付着した粉じん等を圧縮空気で吹き飛ばしたり、ろ過材を強くたたいたりしてはならない。

4:有機ガス用防毒マスクの吸収缶の色は黒色である。

5:防毒マスクを使用するときは、吸収缶に添付された破過曲線図などに基づき、使用限度時間をあらかじめ設定する。

解答と解説

H18前期-問20

下図のように上昇気流を伴う発散源に取り付けた局所排気装置のフードの型式として、正しいものは次のうちどれか。

H18前期-問20

1:囲い式カバー型

2:外付け式グリッド型

3:外付け式スロット型

4:レシーバー式キャノピー型

5:囲い式ドラフトチェンバー型発散源

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H18前期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com