Home > H17前期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

スポンサーリンク

労働衛生(有害業務)

H17前期-問11

職業性疾病に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:潜水作業では、潜降時の加圧が急激すぎると、皮膚のかゆみ、関節痛など潜水病の症状が生じる。

2:接触性皮膚炎は、セメントを取り扱う作業でも起こることがある。

3:振動障害の特徴的な症状の一つであるレイノー現象(白指発作)は、冬期に発症しやすい。

4:鉄、アルミニウムなどの金属粉じんは、じん肺を起こすことがある。

5:凍傷とは、0℃以下の寒冷による組織の凍結壊死をいう。

解答と解説

H17前期-問12

有害要因へのばく露を減少させるための作業環境改善に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1:ビル建設の基礎工事で、騒音と振動を少なくするため、アースオーガーをドロップハンマー式杭打機に切り替える。

2:製缶工場で、騒音を減少させるため、鋼板の打出しに使う合成樹脂製のハンマーの頭を鋼製のものに替える。

3:破砕作業を行う場所に隣接した作業場所の騒音を減少させるため、破砕機の周囲に遮音材としてコンクリートパネル、吸音材としてグラスウール及び穴あきボードを用いた防音壁を設ける。

4:プレス機による騒音と振動の伝ぱを防止するため、機械と基礎との間に金属板を敷く。

5:放射線ばく露を低減させるため、ガンマ線源と労働者の間の鉛製の遮へい材を同厚のコンクリート製のものに替える。

解答と解説

H17前期-問13

職業がん等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:クロム酸のミストは、肺がんや上気道のがんを起こすことがある。

2:石綿粉じんは、肺がんや中皮腫を起こすことがある。

3:金属水銀の蒸気は、肝がんを起こすことがある。

4:三酸化砒素は、肺がんや皮膚がんを起こすことがある。

5:染料中間体であるベータ-ナフチルアミンは、膀胱がんを起こすことがある。

解答と解説

H17前期-問14

化学物質とこれによって起こる障害との次の組合せのうち、誤っているものはどれか。

1:鉛-----末梢神経障害

2:トリクロルエチレン-----肝障害

3:ベンゼン-----造血器障害

4:カドミウム-----視神経障害

5:二硫化炭素-----精神障害

解答と解説

H17前期-問15

有害光線又は電離放射線とそれらによる障害との組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:紫外線-----皮膚がん

2:赤外線-----電光性眼炎

3:マイクロ波-----白内障

4:レーザー光線-----網膜火傷

5:電離放射線-----白血病

解答と解説

H17前期-問16

騒音性難聴に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:一定レベル以上の騒音に長期間さらされた場合に起こることがある。

2:騒音性難聴は、初期には気が付かないことが多い。

3:通常の会話域よりも高い音域の聴力低下から始まる。

4:騒音性難聴の初期に認められる特徴的な聴力低下の型をC5ディップという。

5:騒音性難聴は、騒音により内耳の前庭や半規管の機能が低下することにより生じる。

解答と解説

H17前期-問17

熱中症及び高温対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:高温環境の評価には、湿球黒球温度指数(WBGT)が用いられる。

2:熱中症とは、高温環境への適応ができず、あるいは許容の限界を超えた場合に発症する障害の総称である。

3:熱射病は、高温環境下での体温調節中枢の変調によるもので、発汗が停止し体温が上昇し、意識障害や呼吸困難などの症状がみられる。

4:熱虚脱では、皮膚の血管が拡張して、循環血液が減少し、めまいや血圧低下などの症状がみられる。

5:熱痙攣は、多量の発汗により失われた水分の補給が不十分なために生じ、血液中の塩分濃度の上昇、発熱、筋肉痙攣などの症状がみられる。

解答と解説

H17前期-問18

作業環境測定結果の評価等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:管理濃度は、個々の労働者の有害物質へのばく露限界として設定されたものである。

2:A測定は、単位作業場所における有害物質の気中濃度の平均的な分布を知るために行う測定である。

3:A測定の第二評価値が管理濃度を超えている場合は、必ず第三管理区分となる。

4:A測定の第一評価値及びB測定の測定値がいずれも管理濃度に満たない場合は、第一管理区分となる。

5:B測定の測定値が管理濃度の1.5倍を超えている場合は、必ず第三管理区分となる。

解答と解説

H17前期-問19

呼吸用保護具に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:防じんマスクは、有害ガスの存在する場所、酸素濃度が18%未満の場所では使用してはならない。

2:防じんマスクは、面体及びろ過材に、型式検定合格標章の付されたものを使用する。

3:防毒マスクの吸収缶に添付された破過曲線図は、吸収缶の有効時間を推定するために用いられる。

4:有機ガス用防毒マスクの吸収缶の色は黄色である。

5:防毒マスクの吸収缶のうち、栓のあるものは、上下に栓をして保管する。

解答と解説

H17前期-問20

局所排気装置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:ドラフトチェンバー型フードは、作業面を除き、周りが覆われているもので、囲い式フードに分類される。

2:グローブボックス型フードは、発生源に熱による上昇気流がある場合、それを利用して捕捉するもので、外付け式フードに分類される。

3:フード開口部の周囲にフランジを設けると、フランジがないときに比べ少ない排風量で、所要の効果を上げることができる。

4:囲い式フードは、一般に外付け式フードよりも吸引効果が大きい。

5:囲い式フードは、開口面積を小さくすると吸引効果が大きくなる。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H17前期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com