Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題9-28

予想問題9-28

アルコール類やケトン類などの水溶性の可燃性液体の火災に用いる泡消火剤は、水溶性液体用泡消火剤とされている。その主な理由として適切なものはどれか。

1:他の泡消火剤に比べ、水溶性が高いから

2:他の泡消火剤に比べ、耐火性に優れているから

3:他の泡消火剤に比べ、消火剤が可燃性液体に溶け込み引火点が低くなるから

4:他の泡消火剤に比べ、泡が溶解したり、破壊されることがないから

5:他の泡消火剤に比べ、可燃性液体への親和力が極めて強いから

答:4

1:誤り。他の泡消火剤に比べ、水溶性が高いからではない。

2:誤り。他の泡消火剤に比べ、耐火性に優れているからではない。

3:誤り。他の泡消火剤に比べ、消火剤が可燃性液体に溶け込み引火点が低くなるからではない。

4:正しい。水溶性液体用泡消火剤は、他の泡消火剤に比べ、泡が溶解したり、破壊されることがないため、水溶性の可燃性液体の火災に用いられる。

5:誤り。他の泡消火剤に比べ、可燃性液体への親和力が極めて強いからではない。

スポンサーリンク

Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題9-28

Page Top

© 2011-2019 過去問.com