Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題9-25

予想問題9-25

鋼製の危険物配管を埋設する場合、最も腐食が起こりにくいものはどれか。

1:砂層と粘土層の土壌にまたがって埋設されているとき。

2:土壌中とコンクリート中にまたがって埋設されているとき。

3:土壌埋設管が、コンクリート中の鉄筋に接触しているとき。

4:直流電気鉄道の軌条(レール)に近接した土壌に埋設されているとき。

5:エポキシ樹脂塗料で完全に被覆され土壌に埋設されているとき。

答:5

1:誤り。土質の異なる場所にまたがって埋設されていると、鋼製配管の腐食が進行する。

2:誤り。土壌中とコンクリート中にまたがって埋設されていると、鋼製配管の腐食が進行する。

3:誤り。土壌埋設管が、コンクリート中の鉄筋に接触していると、鋼製配管の腐食が進行する。

4:誤り。直流電気鉄道の軌条(レール)に近接した土壌に埋設されていると、迷走電流により鋼製配管の腐食が進行する。

5:正しい。エポキシ樹脂塗料で完全に被覆することは、鋼製配管の腐食防止に有効である。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題9-25

Page Top

© 2011-2019 過去問.com