Home > 危険物に関する法令 > 予想問題5-2

予想問題5-2

指定数量の倍数の計算方法として、次の文中のA~Cに当てはまる語句の組合せで、正しいものはどれか。

「別表第一に掲げる品名又は指定数量を異にする2以上の危険物を同一の場所で貯蔵し、又は取り扱う場合において、当該貯蔵又は取扱いに係るそれぞれの危険物の[ A ]を当該危険物の[ B ]で除し、その[ C ]となるときは、当該場所は、指定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取扱っているものとみなす。」

1:A=数量 B=指定数量 C=商の最大が1以上

2:A=指定数量 B=数量 C=商の和が1以上

3:A=数量 B=指定数量 C=商の最小が1以上

4:A=指定数量 B=数量 C=商の最小が1以上

5:A=数量 B=指定数量 C=商の和が1以上

答:5

「別表第一に掲げる品名又は指定数量を異にする2以上の危険物を同一の場所で貯蔵し、又は取り扱う場合において、当該貯蔵又は取扱いに係るそれぞれの危険物の[数量]を当該危険物の[指定数量]で除し、その[商の和が1以上]となるときは、当該場所は、指定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取扱っているものとみなす。」

スポンサーリンク

Home > 危険物に関する法令 > 予想問題5-2

Page Top

© 2011-2019 過去問.com