Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題3-25

予想問題3-25

消火剤とその効果の一般的説明として、誤っているものはどれか。

1:粉末消火剤は、燃焼を化学的に抑制する効果と窒息効果がある。

2:二酸化炭素消火剤は、空気中の酸素濃度を低下させて、窒息効果により消火する。

3:強化液消火剤は、燃焼の連鎖反応を断ち切る負触媒効果(抑制効果)により消火する。

4:泡消火器は、泡で燃焼を覆うので窒息効果があり、油火災に適する。

5:窒素消火剤は、空気中の酸素濃度を低下させて窒息効果により消火をする。

答:3

1:正しい。粉末消火剤は、燃焼を化学的に抑制する効果と窒息効果がある。

2:正しい。二酸化炭素消火剤は、空気中の酸素濃度を低下させて、窒息効果により消火する。

3:誤り。強化液消火剤は、主に熱源から熱を奪って冷却効果により消火をする。霧状放射した場合には抑制効果を期待することもできる。

4:正しい。泡消火器は、泡で燃焼を覆うので窒息効果があり、油火災に適する。

5:正しい。窒素消火剤は、空気中の酸素濃度を低下させて窒息効果により消火をする。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題3-25

Page Top

© 2011-2019 過去問.com