Home > 学科-第2問(31)~(60) > 2015年5月-学科-第2問(60)

2015年5月-学科-第2問(60)

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における(  )に該当する場合、200m2を限度面積として評価額の50%を減額することができる。

(  )内に当てはまる最も適切なものを1~3のなかから選びなさい。

1:特定居住用宅地等

2:貸付事業用宅地等

3:特定事業用宅地等

答:2

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における(貸付事業用宅地等)に該当する場合、200m2を限度面積として評価額の50%を減額することができる。

スポンサーリンク

Home > 学科-第2問(31)~(60) > 2015年5月-学科-第2問(60)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com