Home > 学科-第2問(31)~(60) > 2015年5月-学科-第2問(59)

2015年5月-学科-第2問(59)

「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」における非課税拠出額の限度額は、受贈者1人につき(  )である。

(  )内に当てはまる最も適切なものを1~3のなかから選びなさい。

1:1,000万円

2:1,500万円

3:2,000万円

答:2

「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」における非課税拠出額の限度額は、受贈者1人につき(1,500万円)である。


「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」では、直系尊属から、30歳未満のひ孫・孫・子へ教育資金を贈与した場合、受贈者1人につき、1,500万円まで(学校等以外に支払われるものについては500万円まで)贈与税が非課税となる。ただし平成25年4月1日から平成31年3月31日までの措置である。

スポンサーリンク

Home > 学科-第2問(31)~(60) > 2015年5月-学科-第2問(59)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com