Home > クレーン及びデリック > H30後期-問9

H30後期-問9

クレーンの種類、型式及び用途に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:天井クレーンは、一般に、建屋の両側の壁に沿って設けられたランウェイ上を走行するクレーンで、工場での機械や部品の運搬などに使用される。

2:スタッカー式クレーンは、直立したガイドフレームに沿って上下するフォークなどを有するクレーンで、倉庫の棚などへの荷の出し入れに使用される。

3:クライミング式ジブクレーンは、工事の進行に伴い、必要に応じてマストを継ぎ足し、旋回体をせり上げる装置を備えたクレーンである。

4:橋形クレーンは、クレーンガーダに脚部を設けたクレーンで、一般に、地上又は床上に設けたレール上を移動するが、作業範囲を広げるためクレーンガーダにスイングレバーと呼ばれる張り出し部を設け、走行レールの外側につり荷が移動できるようにしたものもある。

5:コンテナクレーンは、埠頭においてコンテナをスプレッダでつり上げて、陸揚げ及び積込みを行うクレーンである。

答:4

1:正しい。天井クレーンは、一般に、建屋の両側の壁に沿って設けられたランウェイ上を走行するクレーンで、工場での機械や部品の運搬などに使用される。

2:正しい。スタッカー式クレーンは、直立したガイドフレームに沿って上下するフォークなどを有するクレーンで、倉庫の棚などへの荷の出し入れに使用される。

3:正しい。クライミング式ジブクレーンは、工事の進行に伴い、必要に応じてマストを継ぎ足し、旋回体をせり上げる装置を備えたクレーンである。

4:誤り。橋形クレーンは、クレーンガーダに脚部を設けたクレーンで、一般に、地上又は床上に設けたレール上を移動するが、作業範囲を広げるため走行レールの外側にカンチレバーを設けたものもある。

5:正しい。コンテナクレーンは、埠頭においてコンテナをスプレッダでつり上げて、陸揚げ及び積込みを行うクレーンである。

スポンサーリンク

Home > クレーン及びデリック > H30後期-問9

Page Top

© 2011-2020 過去問.com