Home > 冷凍保安規則 > 第三十六条

第三十六条

(冷凍保安責任者の選任等)
法第二十七条の四第一項の規定により、同項第一号又は第二号に掲げる者(以下この条、次条及び第三十九条において「第一種製造者等」という。)は、次の表の上欄に掲げる製造施設の区分(認定指定設備を設置している第一種製造者等にあっては、同表の上欄各号に掲げる冷凍能力から当該認定指定設備の冷凍能力を除く。)に応じ、製造施設ごとに、それぞれ同表の中欄に掲げる製造保安責任者免状の交付を受けている者であって、同表の下欄に掲げる高圧ガスの製造に関する経験を有する者のうちから、冷凍保安責任者を選任しなければならない。この場合において、2以上の製造施設が、設備の配置等からみて一体として管理されるものとして設計されたものであり、かつ、同一の計器室において制御されているときは、当該2以上の製造施設を同一の製造施設とみなし、これらの製造施設のうち冷凍能力(認定指定設備を設置している場合にあっては、当該認定指定設備の冷凍能力を除く。)が最大である製造施設の冷凍能力を同表の上欄に掲げる冷凍能力として、冷凍保安責任者を選任することができるものとする。

製造施設の区分 製造保安責任者免状の交付を受けている者 高圧ガスの製造に関する経験
一 1日の冷凍能力が3百トン以上のもの 第一種冷凍機械責任者免状 1日の冷凍能力が百トン以上の製造施設を使用してする高圧ガスの製造に関する1年以上の経験
二 1日の冷凍能力が百トン以上3百トン未満のもの 第一種冷凍機械責任者免状又は第二種冷凍機械責任者免状 1日の冷凍能力が20トン以上の製造施設を使用してする高圧ガスの製造に関する1年以上の経験
三 1日の冷凍能力が百トン未満のもの 第一種冷凍機械責任者免状、第二種冷凍機械責任者免状又は第三種冷凍機械責任者免状 1日の冷凍能力が3トン以上の製造施設を使用してする高圧ガスの製造に関する1年以上の経験

~省略~

スポンサーリンク

Home > 冷凍保安規則 > 第三十六条

Page Top

© 2011-2020 過去問.com