Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題9-33

予想問題9-33

軽油の性質について、誤っているものはどれか。

1:水より軽く、水に不溶である。

2:沸点は、水より高い。

3:ディーゼル機関の燃料に用いられる。

4:引火点は、40℃以下である。

5:酸化剤と混合すると、発火・爆発のおそれがある。

答:4

1:正しい。軽油は、水より軽く、水に不溶である。

2:正しい。軽油の沸点は、170~370℃である。

3:正しい。軽油は、ディーゼル機関の燃料に用いられる。

4:誤り。軽油の引火点は、45℃以上である。

5:正しい。軽油を酸化剤と混合すると、発火・爆発のおそれがある。

スポンサーリンク

Home > 危険物の性質・火災 > 予想問題9-33

Page Top

© 2011-2019 過去問.com