Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題3-17

予想問題3-17

燃焼および発火等に関する一般的説明として、正しいものはどれか。

1:静電気の発生しやすい物質ほど、燃焼が激しい。

2:ハロゲン元素を混合した気体の炭化水素は、常温(20℃)で発火する。

3:高引火点の可燃性液体でも、綿糸に染み込ませると容易に着火する。

4:比熱の大きい物質ほど、発火または着火しやすい。

5:気化熱の大きい物質ほど、燃焼温度が高い。

答:3

1:誤り。静電気の発生しやすい物質ほど、燃焼が激しいとは限らない。

2:誤り。ハロゲン元素を混合すると負触媒作用により燃焼が抑制される。常温(20℃)で発火するとは限らない。

3:正しい。高引火点の可燃性液体でも、綿糸に染み込ませると容易に着火する。

4:誤り。比熱の大きい物質が、発火または着火しやすいとは限らない。

5:誤り。気化熱の大きい物質ほど、燃焼温度が高いとは限らない。

スポンサーリンク

Home > 基礎物理・基礎科学 > 予想問題3-17

Page Top

© 2011-2019 過去問.com