Home > 危険物に関する法令 > 予想問題3-9

予想問題3-9

製造所等の定期点検について、誤っているものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。

1:定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備の技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。

2:定期点検は、1年に1回以上行わなければならない。

3:定期点検を行うことができる者は、危険物取扱者、危険物施設保安員又は危険物取扱者の立会いを受けている者である。

4:定期点検を行った場合は、点検記録を作成し、一定の期間、保存しなければならない。

5:定期点検を行った場合は、速やかに市町村長等に届け出なければならない。

答:5

1:正しい。定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備の技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。

2:正しい。定期点検は、1年に1回以上行わなければならない。

3:正しい。定期点検を行うことができる者は、危険物取扱者、危険物施設保安員又は危険物取扱者の立会いを受けている者である。

4:正しい。定期点検を行った場合は、点検記録を作成し、一定の期間、保存しなければならない。

5:誤り。定期点検を行った場合に市町村長等へ届出を行う義務はない。

スポンサーリンク

Home > 危険物に関する法令 > 予想問題3-9

Page Top

© 2011-2019 過去問.com