Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2015年5月-実技-第6問(問14)

2015年5月-実技-第6問(問14)

谷口広斗さんは、平成26年11月に母から株式購入資金として現金200万円の贈与を受け、同年12月に祖父から乗用車購入資金として現金100万円の贈与を受けた。谷口さんの平成26年分の贈与税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、平成26年中において、谷口さんは、これ以外に贈与は受けていないものとし、相続時精算課税制度を選択していないものとする。また、贈与税額の計算が必要な場合には、下記の速算表に基づいて解答すること。

1:いずれも直系尊属からの贈与であるため贈与税は非課税であり、贈与税額は「0円」である。

2:祖父からの贈与は基礎控除額以下であるため贈与税はかからず、母からの贈与のみ贈与税の課税対象となり、贈与税額は「(200万-110万)×10%=9万円」である。

3:贈与を受けた年分の合計額が贈与税の課税対象となるため、母および祖父から受贈した合計金額が課税対象となり、贈与税額は「{(200万+100万)-110万円}×10%=19万円」である。

答:3

贈与を受けた年分の合計額が贈与税の課税対象となるため、母および祖父から受贈した合計金額が課税対象となり、贈与税額は「{(200万+100万)-110万円}×10%=19万円」である。


課税価格 200万円+100万円=300万円
基礎控除額 110万円
基礎控除後の課税価格税率控除額 300万円-110万円=190万円
税率 10%(速算表より)
控除額 なし

贈与税額=(課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額
{(200万+100万)-110万円}×10%=19万円

スポンサーリンク

Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2015年5月-実技-第6問(問14)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com