Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2015年5月-実技-第6問(問13)

2015年5月-実技-第6問(問13)

平成27年4月4日に相続が開始された鶴見俊夫さん(被相続人)の<親族関係図>が下記のとおりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

1:洋子 1/2 貴洋 1/4 敦美 1/4

2:洋子 1/2 貴洋 1/6 敦美 1/6 広樹 1/6

3:洋子 2/3 貴洋 1/6 敦美 1/6

答:1

次男の正幸は相続を放棄しため、相続人は、洋子、貴洋、敦美の3人となる。

相続人が相続を放棄した場合は、その相続人ははじめから相続人でなかったものとみなされるため、広樹の代襲相続はない。

配偶者と子供が相続人である場合の法定相続分は、配偶者1/2・子供1/2である。
子供が2人以上いるときは、原則として均等に分ける。

よって相続人および法定相続分は、洋子 1/2 貴洋 1/4 敦美 1/4となる。

スポンサーリンク

Home > 実技(資産設計)-問11~問20 > 2015年5月-実技-第6問(問13)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com