Home > 学科-第2問(31)~(60) > 2015年5月-学科-第2問(50)

2015年5月-学科-第2問(50)

契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が妻、死亡保険金受取人が夫である生命保険契約において、夫が受け取る死亡保険金は、(  )の課税対象となる。

(  )内に当てはまる最も適切なものを1~3のなかから選びなさい。

1:所得税

2:贈与税

3:相続税

答:1

契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が妻、死亡保険金受取人が夫である生命保険契約において、夫が受け取る死亡保険金は、(所得税)の課税対象となる。


保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合、死亡保険金や満期保険金は一時所得として所得税・住民税の課税対象となる。

スポンサーリンク

Home > 学科-第2問(31)~(60) > 2015年5月-学科-第2問(50)

Page Top

© 2011-2018 過去問.com