Home > 力学 > H29前期-問37

H29前期-問37

荷重に関し、正しいものは次のうちどれか。

1:円筒形の丸棒の一端の面を壁に当てて、丸棒を壁に垂直に固定し、棒の軸を中心として他方の端を回転させようとするときに働く荷重は、せん断荷重である。

2:天井クレーンのガーダには、主に引張荷重がかかる。

3:荷重には静荷重と動荷重があり、動荷重には繰返し荷重と衝撃荷重がある。

4:荷を巻き下げているときに急制動すると、玉掛け用ワイヤロープには、圧縮荷重がかかる。

5:クレーンのフックには、曲げ荷重と圧縮荷重がかかる。

答:3

1:誤り。円筒形の丸棒の一端の面を壁に当てて、丸棒を壁に垂直に固定し、棒の軸を中心として他方の端を回転させようとするときに働く荷重は、ねじり荷重である。

2:誤り。天井クレーンのガーダには、主に曲げ荷重がかかる。

3:正しい。荷重には静荷重と動荷重があり、動荷重には繰返し荷重と衝撃荷重がある。

4:誤り。荷を巻き下げているときに急制動すると、玉掛け用ワイヤロープには、衝撃荷重がかかる。

5:誤り。クレーンのフックには、曲げ荷重と引張荷重がかかる。

スポンサーリンク

Home > 力学 > H29前期-問37

Page Top

© 2011-2018 過去問.com