Home > 介護支援分野 > H22-問題17

H22-問題17

指定居宅介護支援事業所の運営について正しいものはどれか。2つ選べ。

1:その事業所の現員からは利用申込に応じきれない場合であっても、指定居宅介護支援の利用申込を拒むことはできない。

2:指定居宅介護支援事務所の利用人数によっては、非常勤の介護支援専門員を置くことができる。

3:介護支援専門員の健康状態について、必要な管理を行わなければならない。

4:まだ要介護認定を受けていない認知症の高齢者からの指定居宅介護支援の利用申し込みは拒むことができる。

5:利用者が偽りその他不正の行為によって保険給付の支給を受けたときは、都道府県に通知しなければならない。

答:2・3

1:誤り。指定居宅介護支援事業所は、その事業所の現員からは利用申込に応じきれない場合、指定居宅介護支援の利用申込を拒むことができる。

2:正しい。指定居宅介護支援事務所の利用人数によっては、非常勤の介護支援専門員を置くことができる。

3:正しい。指定居宅介護支援事業所は、介護支援専門員の健康状態について、必要な管理を行わなければならない。

4:誤り。指定居宅介護支援事業者は、利用申込者が要介護認定を受けていないことを確認した場合、当該利用申込者の意思を踏まえて速やかに要介護認定の申請が行われるよう必要な援助を行わなければならない。

5:誤り。指定居宅介護支援事業所は、利用者が偽りその他不正の行為によって保険給付の支給を受けたときは、市町村に通知しなければならない。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H22-問題17

Page Top

© 2011-2019 過去問.com