Home > 介護支援分野 > H22-問題6

H22-問題6

介護保険の保険給付について正しいものはどれか。3つ選べ。

1:労働者災害補償保険法により介護保険の介護給付に相当する給付を受けられるときは、一定の限度で介護保険の給付は行われない。

2:市町村特別給付の財源は、その市町村の第1号被保険者の保険料によって賄われる。

3:特例居宅介護サービス費は、都道府県が必要があると認めたときに支給される。

4:事業者が偽りその他の不正の行為により代理受領方式での費用の支払を受けた場合には、市町村は、返還させるべき額を徴収するほか、その額に百分の四十を乗じた額を徴収することができる。

5:被保険者が居宅介護サービス費を受給するためには、居宅介護支援事業所に居宅サービス計画の作成を依頼しなければならない。

答:1・2・4

1:正しい。労働者災害補償保険法により介護保険の介護給付に相当する給付を受けられるときは、一定の限度で介護保険の給付は行われない。

2:正しい。市町村特別給付の財源は、その市町村の第1号被保険者の保険料によって賄われる。

3:誤り。特例居宅介護サービス費は、市町村が必要があると認めたときに支給される。

4:正しい。事業者が偽りその他の不正の行為により代理受領方式での費用の支払を受けた場合には、市町村は、返還させるべき額を徴収するほか、その額に百分の四十を乗じた額を徴収することができる。

5:誤り。被保険者が居宅介護サービス費を受給するためには、指定居宅介護支援事業所から指定居宅サービスを受けなければならない。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H22-問題6

Page Top

© 2011-2019 過去問.com