Home > 福祉サービス分野 > H21-問題53

H21-問題53

短期入所生活介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1:同居家族の休養をサービスの目的としており、一人暮らしの高齢者は原則利用できない。

2:利用申込者や家族に対し重要事項に関する文書を交付して説明を行い、サービス内容や利用期間等について同意を得なければならない。

3:短期入所生活介護計画は、おおむね7日以上継続して利用が予定される利用者について作成しなければならない。

4:短期入所生活介護計画は、事業所に配置された介護支援専門員が作成を担当しなければならない。

5:短期入所生活介護計画は、居宅サービス計画が作成されている場合には、その内容に沿って作成しなければならない。

答:2・5

1:誤り。短期入所生活介護は、介護者の気分転換や負担軽減もサービスの目的の一つとしているが、一人暮らしの高齢者でも利用することはできる。

2:正しい。短期入所生活介護事業者は、利用申込者や家族に対し重要事項に関する文書を交付して説明を行い、サービス内容や利用期間等について同意を得なければならない。

3:誤り。短期入所生活介護計画は、おおむね4日以上継続して利用が予定される利用者について作成しなければならない。

4:誤り。短期入所生活介護計画は、事業所の管理者が作成を担当しなければならない。

5:正しい。短期入所生活介護計画は、居宅サービス計画が作成されている場合には、その内容に沿って作成しなければならない。

スポンサーリンク

Home > 福祉サービス分野 > H21-問題53

Page Top

© 2011-2019 過去問.com