Home > 介護支援分野 > H21-問題3

H21-問題3

社会保障について正しいものはどれか。2つ選べ。

1:社会保障制度審議会の1950(昭和25)年勧告では、老齢の者の介護費用について経済保障の途を講ずべきとされた。

2:社会保障制度審議会の1950(昭和25)年勧告では、老齢の者の介護については、国家扶助の方法によらず、保険的方法で救済の途を講ずべきとされた。

3:高齢者福祉は、社会保障の範囲には含まれない。

4:公的扶助である生活保護も、社会保障制度の範囲に含まれる。

5:かつての老人保健法に基づく「医療等」は、医療保険の保険者の共同事業であるので社会保険に含まれる。

答:4・5

1:誤り。社会保障制度審議会の1950(昭和25)年勧告では、疾病、負傷、分娩、廃疾、死亡、老齢、失業、多子、その他困窮の原因に対し経済保障の途を講ずべきとされたが、介護費用については触れられていない。

2:誤り。社会保障制度審議会の1950(昭和25)年勧告では、介護については触れられていない。

3:誤り。高齢者福祉は、社会保障の範囲に含まれる。

4:正しい。公的扶助である生活保護も、社会保障制度の範囲に含まれる。

5:正しい。かつての老人保健法に基づく「医療等」は、医療保険の保険者の共同事業であるので社会保険に含まれる。

スポンサーリンク

Home > 介護支援分野 > H21-問題3

Page Top

© 2011-2019 過去問.com